劇団四季

 

『クレイジー・フォー・ユー』劇団四季ミュージカル

チケット&スケジュール
観劇はじめてガイド

現在公演の予定はございません。

はじめに Introduction

いちばん好きな人と観たい、
とびきりハッピーなミュージカル。

珠玉のガーシュウィン・ナンバー、心地よいタップをはじめ多彩なダンス、そして笑いあふれるラブ・コメディと、
まさにミュージカルの真髄ともいえる魅力満載の『クレイジー・フォー・ユー』。
1930年代の世界的不況下でも夢を持ち、劇場再建へと明るく前向きに生きる人々の姿が生き生きと描かれているこの作品は、
1990年代始め、不況の色が濃くなってきていたニューヨークで、
製作費750万ドルを投じて製作されました。

もっと読む

ストーリー Story

1930年代、ニューヨーク。銀行の跡取り息子、ボビー・チャイルドは、仕事も婚約者も放り出して踊ることに夢中。
大プロデューサーのザングラーに自分のタップを売り込んでいます。
けれど、人生はそんなにうまくいくものではありません。
ザングラーの機嫌は損ねるし、婚約者からは結婚を迫られ、うるさい母親からは銀行の仕事を命じられ・・・
ボビーはもううんざりです。
結婚か、銀行の仕事か。板挟みになったボビーは、結局母親の命令に従って、
物件を差し押さえるためにネバダ州のデッドロックへ向かいます。

もっと読む

お客様からのコメント Comment

200字コメント

ギャラリー Gallery

もっと見る

キャラクター Charactor

  • ボビー・チャイルド

    ニューヨークの銀行の跡取り息子。自由奔放な性格で、今は仕事そっちのけでダンスに夢中。母の言いつけで差し押さえにいったガイエティ劇場の娘・ポリーに一目ぼれするが、ポリーには差し押さえに来たことが分かり嫌われてしまう。

  • ポリー・ベーカー

    デッドロックの町で唯一の女性で、ガイエティ劇場のオーナーの娘。
    男勝りだけれど、内面に女性らしさを秘めている。劇場を差し押さえに来たボビーを嫌うが、ボビー扮するザングラーには恋をしてしまう。

  • ベラ・ザングラー

    ニューヨーク・ショービジネス界の大興行主。口癖は「どうも、どうも、どうも」。ショーガールのダンスディレクターであるテスに夢中。

もっと見る

もっと知る Learn More

多彩なダンス

『クレイジー・フォー・ユー』の最大の見どころは、何といっても躍動感あふれるダンスの数々でしょう。

もっと読む

ガーシュウィン・メロディの魅力

ガーシュウィン兄弟によって生み出された美しいメロディーで彩られています。

もっと読む

振付家 スーザン・ストローマン

『クレイジー・フォー・ユー』は、3秒に1度は笑いがおこるほどコメディの要素がたっぷり。

もっと読む

「1930年代・アメリカ」を甦らせた舞台衣裳

『クレイジー・フォー・ユー』の舞台は1930年代のアメリカ。その特徴的な衣装について解説します。

もっと読む

ボビーが惚れ込むニューヨーク

主人公ボビー・チャイルドが暮らし、愛して止まないニューヨークについて知れば作品をより楽しめる!

もっと読む

キャスト&スタッフ Cast & Staff

スタッフ Staff

オリジナル・スタッフ

作詞・作曲
ジョージ・ガーシュウィン
アイラ・ガーシュウィン
台本
ケン・ルドウィッグ
原案
ケン・ルドウィッグ
マイク・オクレント
原作
ガイ・ボルトン
ジョン・マクガワン
プロデューサー
ロジャー・ホーチョウ
エリザベス・ウィリアムズ
装置デザイン
ロビン・ワグナー
衣裳デザイン
ウィリアム・アイヴィー・ロング
照明デザイン
ポール・ガロ
演出補
スティーブン・ズワイバウム
振付助手
クリス・ピーターソン
ダンス音楽アレンジ
ピーター・ハワード
音楽コンサルタント
トミー・クラスカー
オーケストレーション
ウィリアム・D・ブローン
音楽監督
ポール・ジェミニャーニ
振付
スーザン・ストローマン
演出
マイク・オクレント
スタッフ

キャスト Cast

前日の公演キャスト

チケットのご予約・公演情報のご確認はこちらから

チケット&スケジュール