劇団四季

 

はじめに Introduction

ミュージカル『ライオンキング』が
日本中を生命の歓喜に包みこむ!

太陽煌めくアフリカの大地を舞台に、「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」をテーマとして繰り広げられる壮大なミュージカル『ライオンキング』。

その歴史は1997年、ニューヨーク・ブロードウェイで始まりました。開幕と共に『ライオンキング』は空前のブームを巻き起こし、1998年には演劇界最高の栄誉とうたわれる世界最大の演劇賞・トニー賞の中でも最も優秀な作品に贈られる最優秀ミュージカル賞を受賞。その他、最優秀演出賞、振付賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞、衣裳デザイン賞の計6部門を受賞し、さらにトニー賞のみならずグラミー賞からドラマ・デスク賞など数々の賞を受賞しました。

その一大ブームの火付け役となったのが、天才舞台芸術家 ジュリー・テイモア。世界的に大ヒットしたディズニー映画『ライオンキング』は、ジュリーの演出によって、素晴らしいミュージカルへと生まれ変わったのです。
アフリカの大自然に生きる動物たちを人間が演じるという難題を、アフリカンアートに加え日本の文楽や歌舞伎、インドネシアの影絵といったアジアの伝統芸能を融合したマスク(仮面)や・パペット(人形)を使用するといったユーモラスな手法で応えた彼女。

音楽は、ポップス界の巨匠エルトン・ジョン(作曲)とミュージカル界の重鎮ティム・ライス(作詞)が担当。舞台版では映画版より新たに8曲が追加され、中には南アフリカ出身のレボ・Mらアーティストが新たに曲を提供したものも含まれます。アフリカの言語「ズールー語」を用いて力強く響くそれらの楽曲は"生命の連環"の意味を謳う1幕冒頭のナンバー「サークル・オブ・ライフ」、アフリカ民族の誇りを高らかに謳う2幕冒頭のナンバー「ワン・バイ・ワン」などで効果的に用いられ、観る者を一気に広大なサバンナの大地へと誘います。

1998年12月20日東京公演が開幕。ブロードウェイに続く海外初のプロダクションとして、また劇団四季の専用劇場・四季劇場[春]の柿落し公演として開幕前から話題をさらった『ライオンキング』はその期待を裏切ることなく、東京、大阪、福岡、名古屋、札幌で日本全国の人々を魅了し続けてきました。2016年現在、前人未到の17年連続の無期限ロングランを更新中、国内通算上演回数は10000回を超え、その歴史は留まることなく続いていきます。

かつてない記録を打ち立てながら、これからも【進化・深化】し続けるミュージカル『ライオンキング』。日本演劇界のみならず日本のエンターテインメント業界にも大きな歴史を刻むこととなるでしょう。

関連コンテンツ

ストーリー Story

ストーリー

登場人物 Character

登場人物

ミュージックナンバー Music Number

ミュージックナンバー