劇団四季

 

もっと知る Learn More

トラップファミリーと激動のヨーロッパ

『サウンド・オブ・ミュージック』の背景となっている時代は、激動の時代です。特に、舞台となるヨーロッパは第一次世界大戦、第二次世界大戦と2度の大きな戦争を経験した、まさに歴史上の転換期となる時代でした。
一家はなぜ亡命しなくてはならなかったのか?その理由を当時の世界状況から探ってみたいと思います。

  • オーストリア帝国の崩壊
  • ナチス・ドイツの台頭とオーストリア併合
  • トラップ一家とナチス・ドイツ
  • オーストリア帝国の崩壊

    19世紀、オーストリアはヨーロッパ一の名門王家・ハプスブルク家が君主として統治する「オーストリア帝国(後にオーストリア=ハンガリー帝国)」という大国でした。
    しかし1914年、オーストリア皇太子が暗殺されるサラエヴォ事件をきっかけに、ドイツ帝国・オーストリア=ハンガリー帝国とロシア・イギリス・フランスら連合国の間で第一次世界大戦が勃発。後にアメリカも参戦し、連合国側の勝利で終わると帝国は崩壊。かつての領土であったチェコやポーランドなどが次々に独立し、中世から650年あまり続いたハプスブルク家の支配も途絶えることとなりました。

    その後、革命によって第一共和国が樹立します(現在のオーストリア共和国と区別してこう呼びます)。
    『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台であるオーストリアとは、この第一共和国のことです。

  • ナチス・ドイツの台頭とオーストリア併合

    第一次世界大戦における連合国の勝利は、戦勝国に空前の好況を呼びました。特にアメリカは、「永遠の繁栄」と呼ばれるほどの経済的成長を遂げます。しかし、戦争を背景に手に入れた繁栄が"永遠"のはずもありません。1929年、アメリカ・ウォール街で株価が大暴落する「暗黒の木曜日」が起こると、その影響は全世界に飛び火し、世界恐慌へと突入します。

    元々、第一次世界大戦敗戦の影響で弱体化していたドイツは、この世界恐慌によって深刻なダメージを負います。失業率は30%を超え、企業や銀行が次々に倒産しました。そして、どん底まで落ち込んだ社会状況において台頭したのが、ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)です。1933年、第一党を獲得すると、ドイツ共産党を弾圧して全権委任法を制定。翌1934年にヒンデンブルク大統領が死去すると、ヒトラーが総統に就任し、第三帝国が樹立されました(この"第三"とは"未来"という意味です)。
    ナチスの影響は、隣国オーストリアでも強まります。これに対して、当時の首相・ドルフスはナチス勢力の排除を画策。多くの死者を出しながらも親ナチスであった社会民主党の弾圧に成功し、独裁体制(オーストロ=ファシズム)を敷きました。

    しかし、独裁政権が誕生したのもつかの間、ドルフスはナチス党員に暗殺されてしまい、1938年にはドイツ軍がオーストリア侵攻を始めます。そして、オーストリア・ナチス党が政権を握ると、ドイツ軍はオーストリアに進駐。同時に、ドイツのオーストリア併合の可否を問う国民投票が実施されました。 この投票結果は、ドイツ・オーストリア両国民の圧倒的多数(99%)が賛成というものでした。この数字から、いかに当時のオーストリアにおいてナチスの影響力が強かったかがわかります。
    劇中においても、執事のフランツやリーズルのボーイフレンド・ロルフなど親ナチスの人々が登場しますが、当時のオーストリアでは彼らの方が圧倒的多数であったのです。

    こうして第一共和国は消滅し、オーストリアは第二次世界大戦終結までの間、いったん歴史からその名を消すこととなってしまったのです。

  • トラップ一家とナチス・ドイツ

    さて、では『サウンド・オブ・ミュージック』の元となった実話において、トラップ一家はこの時代をどのように過ごしていたのでしょうか?

    マリアがトラップ家にやってきたのが1926年。大佐と結婚したのが翌年の1927年です。この時点では、まだドイツにおいてナチス政権は誕生していません。
    その後、2人の子どもを授かりますが、世界恐慌のあおりを受けてトラップ家が破産したのが1933年。ちょうどナチス・ドイツ政権が誕生した年です。
    前にも触れましたが、トラップ・ファミリー合唱団が誕生して人気を博したのもこの後のことです。1936年には、反ナチスだったシュシュニク首相に招待されて歌を披露し、絶賛されます(シュシュニク首相は、政権交代後ナチスに拘束されます)。そして、翌年の1937年にはヨーロッパツアーが成功。

    トラップ家に転機が訪れたのは、その翌年、オーストリアがドイツに併合されてからでした。
    第一次世界大戦で活躍したトラップ大佐に、ナチスから潜水艦の艦長に就任するよう要請が下ります。これを拒否したことにより、長男ルーベルトがウィーンの病院への就職を断られてしまいます。他にも、旗を掲げることを拒否するなどナチスとの軋轢は高まり、遂にヒトラーの誕生日パーティーへの出演依頼をきっかけに亡命に踏み切ったのです。
    亡命に成功した一家は、第二次世界大戦中はアメリカでコンサートや手作り工芸品の展示会を開き生計を立てていたようです(トラップ家は、歌以外にも絵画や工芸の優れた才能を持っていました)。

    そして終戦後は、困窮する祖国オーストリアを救うべく「トラップ・ファミリー・オーストリア救援隊」を設立して、救援活動にも積極的に取り組んだといいます。

    トラップ一家とヨーロッパの歴史年表

    参考文献記載
    『サウンド・オブ・ミュージックの世界―トラップ一家の歩んだ道』
    ウィリアム・T・アンダーソン 著
    谷口由美子 訳
    求龍堂

    1914年
    サラエヴォ事件でオーストリア皇太子暗殺。
    第一次世界大戦勃発。
    1918年
    オーストリア・ドイツなどが降服し、第一次世界大戦終結。
    1926年
    マリアがトラップ家に家庭教師としてやってくる。
    1927年
    トラップ大佐とマリアが結婚。
    1929年
    暗黒の木曜日を発覚に世界恐慌が起こる。
    1933年
    社会不安を背景にドイツでナチスが第一党を獲得。
    1934年
    ヒトラーが総統に就任し、第三帝国が樹立。
    1936年
    トラップファミリー合唱団が誕生。各地で人気を博す。
    1937年
    前年12月からのヨーロッパツアーを成功させる。
    1938年
    オーストリアにナチス政権が誕生し、ドイツに併合される。
    トラップ一家がヴァスナー神父とともにオーストリアを脱出。アメリカへと渡る。
    1945年
    第二次世界大戦終結。
    1947年
    トラップ・ファミリー・オーストリア救援隊を設立。
    1948年
    バーモント州ストウで、トラップ・ファミリー・ロッジの営業を始める。
    1955年
    連合国による分割統治を経て、オーストリア共和国が独立。

関連コンテンツ

登場人物 Character

登場人物

エーデルワイスの魅力

エーデルワイスの魅力

本当にいたトラップファミリー

本当にいたトラップファミリー