劇団四季

 

もっと知る Learn more

『オズの魔法使い』と『ウィキッド』

『ウィキッド』は、名作児童小説『オズの魔法使い』の“エピソード0”と位置付けられる物語。
そこで、まずは『オズの魔法使い』がどんな物語だったのか、ここでおさらいしておきましょう。

アメリカ・カンザスの大草原に、ヘンリーおじさん、エムおばさんと一緒に三人で暮らしていた少女ドロシー。ところがある日、巨大な竜巻に襲われて、ドロシーと愛犬トトは家ごと空中に舞い上げられてしまいます。
ドロシーが目を覚ますと、家の外には見たことのない美しい景色が広がっていました。ここはマンチキンの国。子どもくらいの背丈の小人たちの国です。今まで東の悪い魔女に支配されていましたが、空から落ちてきたドロシーの家の下敷きになって魔女が死んだため、マンチキンたちは大喜び。一方、カンザスに帰りたいドロシーは、途方に暮れてしまいます。マンチキンと一緒にいた北のよい魔女も、その方法は分かりません。そこで、北のよい魔女は東の悪い魔女が大切に履いていた銀の魔法の靴をドロシーに渡し、エメラルドの都にいるオズの魔法使いに会いに行くようアドバイスします。
エメラルドの都につながる黄色いレンガの道をひたすら歩いていくドロシー。途中、脳みそが欲しいというかかし、ハートが欲しいというブリキの木こり、勇気が欲しいという臆病なライオンと出会い、それぞれの願いをオズの魔法使いに叶えてもらうため、一緒に旅する仲間になります。

こうして、ついにエメラルドの都にたどり着いたドロシーたち。門番に、まぶし過ぎるので眼鏡をかけるように言われ、緑色の眼鏡をかけて中に入ります。あらゆるものがエメラルドに輝く都に感激するドロシー。ところが、ようやく出会えたオズの魔法使いに「西の悪い魔女を倒したら願いを叶えよう」と条件を出され、ためらいつつも西の国へと向かうことになりました。
一方、ドロシーがやって来ることを察知した悪い魔女は、手なずけている動物たちを使って妨害しようとします。そして最後には、空飛ぶサルによってドロシーは魔女のもとに連れ去られてしまいました。ドロシーを奴隷としてこき使いつつ、銀の魔法の靴を奪おうとする悪い魔女。しかし、靴を取り上げられたドロシーが怒ってバケツの水を浴びせると、魔女は溶けて死んでしまいました。

関連コンテンツ

登場人物 Character

登場人物

『ウィキッド』Q&A

『ウィキッド』Q&A

Twitter稽古場レポート

Twitter稽古場レポート