ページ内を移動するためのリンクです。

キャッツ・シアターから

日産スタジアムが『キャッツ』に染まる!!―真夏の2Days 第1弾開催

7月24日(土)、日産スタジアム(横浜市)で『キャッツ』横浜公演の特製うちわが配布されました。

日産スタジアム
日産スタジアムで配布のうちわ(左)。7月24日(土)の試合には、約40,000人のサポーターが集結。

2010年FIFAワールドカップが終了してJリーグ再開後初のホームゲーム開催となったこの日。日本代表の中沢佑二選手(横浜F.マリノス)、中村俊輔選手(横浜F.マリノス)と、遠藤保仁選手(ガンバ大阪)が対戦するゲームということもあり、スタジアムには約40,000人のサポーターが大集結。関東で続く記録的な猛暑を吹き飛ばす歓声がスタジアムに響きました。

日産スタジアム
スタジアムには夏休みとあって、家族連れをはじめ、同僚やクラスメイトでの観戦者が多く見られました。

この日は、ゲームのテーマを“ハワイアントリコロール”として、フラダンスが披露され、ゲーム開始前から盛り上がりを見せました。

19:00キックオフ。前半を0−0で折り返し、後半ではPKのチャンスもありましたが、不運にもゴール枠を外してしまったマリノス。スコアレスドローの空気が流れる中、ロスタイムに入ります。ここからでも諦めずにゴールを目指すマリノスの選手たち。スピードに乗ったカウンターからのパスを受けたDF天野貴史選手の右足ボレーシュートがガンバネットに吸い込まれ、大観衆の前で劇的な勝利を収めました。

真夏の『キャッツ』うちわ配布 第2弾は、7月31日(土)“俺たちの夏祭り”として開催される対名古屋グランパス戦です。

その横浜F・マリノスの勝利で盛り上がる横浜の地で、現在『キャッツ』を絶賛ロングラン上演中のキヤノン・キャッツ・シアター(みなとみらい21地区)では、今年の夏を楽しんで頂くためのイベントが開催されています。

夏休みを利用して、キャッツ・シアターを訪れたご家族連れには、“キャッツ・メイク”が大好評。小学校6年生までのお子様限定のこの企画、8月は1日(日)、7日(土)、15日(日)、21日(土)に開催が予定されています。
※参加者多数の場合、開演時間の関係で受付を早めに締切らせて頂く場合があります。予めご了承下さい。

キャッツ・メイク

キャッツ・メイク
夏休み限定イベント“キャッツ・メイク”が盛況なキヤノン・キャッツ・シアターの様子。

同じくお子様限定のオリジナルシールプレゼントや、うちわの配布もはじまり、夏のひととき、暑さを忘れてネコたちの世界を満喫して頂ける企画満載のキヤノン・キャッツ・シアターに、ぜひお越しください。お待ちしています!!

『キャッツ』横浜公演テレビCM(夏休み編)




『キャッツ』イベント詳細はこちら>>



劇団四季携帯サイトはこちら>>



『キャッツ』作品紹介ページ(パソコン版)はこちら>>

ミストフェリーズ1日密着取材をレポート!

4月25日(日)、『キャッツ』日本公演が通算7,486回を達成しブロードウェイのロングラン記録(7,485回)を超えたこの日。舞台裏では、先日放送されたテレビ神奈川(TVK)によるミストフェリーズ(松島勇気)の密着取材が行われていました。


4月30日(金)にテレビ神奈川(TVK)で放送された密着取材の様子。

マチネ公演(12:00開演)でブロードウェイ記録に並び、ソワレ公演(16:30開演)で記録を超えることとなったこの日、楽屋にいち早く到着したのは、カンパニーを率いる公演委員長を担当している松島勇気でした。


稽古着に着替えた俳優たちがリハーサル室へ除々に集まって来ます。そして、それぞれがストレッチやバレエを開始。たがいに気になる箇所をアドバイスし合ったり、体調を気遣ったりしながらウォーミングアップをしてゆきます。


「ここはぜひ載せて!」と、湿布を荒川 務に貼り直してもらいながら、笑って言う松島。


10:00からバーを用いた開口を開始した『キャッツ』カンパニー。舞台を最高の状態で毎日お届けするため、俳優たちはこうした基礎のレッスンをそれぞれ欠かさず行い、自己管理を行っています。

そして、十分身体と喉が温まったところで、この日ブロードウェイ記録と並び、それを超える通算回数になることを祝って行われる特別カーテンコールのあたりが、舞台上で行われました。


松島の指示で、俳優たちは動きを確認し、さらに荒川からのユニークなアイディアが加わり、あっという間に形になってゆくカーテンコール。しばしば笑いが起こり和やかながらもプロとしての緊張感のあるリハーサルの様子は、この『キャッツ』カンパニーの結束力の強さを感じさせます。

その後、再びリハーサル室に戻ったカンパニー一同はミーティングを行い、「今日も頑張りましょう!」との声で気合いを入れて、各自楽屋で準備に取りかかりました。松島も、さっそく鏡の前に座ってメイク開始。


その様子を撮影するクルーも真剣そのもの。あまりに静かになった楽屋の雰囲気に、クルーの方々の緊張をほぐそうと、「ちょっと音楽をかけてもいいですか?」という松島。

細かく筆で丁寧にメイクしながら、気持ちもミストフェリーズになってゆきます。そして、衣裳を付けてグレイト マジシャン ミスター・ミストフェリーズの完成です!!


記念すべきマチネ、ソワレ公演を無事終えた松島は、
「客席がものすごく温かく盛り上がってくれたので、こちらも自然とそれに助けられました。この先は、8,000回、10,000回、15,000回と、もっとたくさんのお客様に見ていただけるよう、僕らもがんばっていきたいと思っております」とコメントし、この日の密着取材も終了しました。





劇団四季携帯サイトはこちら>>



『キャッツ』作品紹介ページ(パソコン版)はこちら>>

にゃんだほー『キャッツ』今月の各大賞が決定しました!!

2月22日(猫の日)にオープンした新コンテンツ「にゃんだほー『キャッツ』」に、たくさんの皆さまからのご応募がありました。その中から、今月の各種大賞が決定!!

大賞受賞写真はこちらをご覧ください!>>

当コンテンツをご覧の皆様からの投票数で決まる「人気投票大賞」、人気雑誌「猫生活」編集者が選ぶ「猫生活大賞」、そして、『キャッツ』出演者が選ぶ「『キャッツ』大賞」に輝いたのは、ミュージカル『キャッツ』のネコたちさながらの、個性的な写真ばかりです。

松島勇気今月は「『キャッツ』大賞」の審査員を、ミストフェリーズ役として2004年から『キャッツ』に出演している松島勇気が務めました。5歳の頃に『キャッツ』に出会い衝撃を受け、劇団四季を志すようになった彼は、バレエの先生をしていた母親の指導でクラシックバレエを始め、全国舞踊コンクールのパ・ド・ドゥ部門で第1位を受賞した他、数多くの受賞歴を持ちます。その後、バレエ界のホープとして期待を集める中、『キャッツ』の舞台に立ちたいという夢をどうしても諦めきれず、劇団四季のオーディションを受け合格しました。

大の猫好きの上、今回の応募作品がどれもとても魅力的で可愛い猫ばかりだったため、悩みに悩んだ松島。その彼が栄えある第1回目の「『キャッツ』大賞」に選んだのは、エントリーNo.49のゆうとっとさんの写真です。


本当にレッスンをしているような、不思議な写真に、『キャッツ』のキャスト、スタッフたちもびっくり。

今回大賞に輝かれたエントリーNo.49のゆうとっとさんには、松島勇気のサイン入りポスターをお送りします。

4月の「にゃんだほー『キャッツ』」を、現在大募集中です!!街中で、これぞ!という猫と遭遇したら。愛猫が、あ!というポーズを取ったら。ぜひ、ご応募ください。各大賞の次回発表は、5月2日です。乞うご期待!!

にゃんだほー
松島が「これもお気に入り♪」と言う、エントリーNo.20「よっしー」さんの写真(左)とNo.65「ひとみん」さんの写真。

また、雑誌「猫生活」5月号(4月12日発売)の人気コーナー「ニャメール写真館」に、『キャッツ』賞が新設されました!「ニャメール写真館」に応募のあった写真の中から、松島勇気が1枚を選びコメントしています。ぜひ、こちらもご覧下さい!

『キャッツ』横浜最新CM




劇団四季携帯サイトはこちら>>


『キャッツ』作品紹介ページ(パソコン版)はこちら>>

この春、横浜の街にマンカストラップが?!

1月23日(火)『キャッツ』終演後のキヤノン・キャッツ・シアター リハーサル室には、マンカストラップの姿がありました。


カメラマンの指示で、様々なポーズを取っているのはマンカストラップ役の福井晶一です。
打ち合わせで、事前に用意されたデザインの説明を受け、それをイメージしながら撮影に望む福井。


マンカストラップの、力強いこのポーズ。これは、何の撮影なのでしょうか?耳を澄ますと「横浜」「横浜F・マリノス」「3月」という言葉がもれ聞こえてきました。

『キャッツ』横浜公演について、横浜の街で、なにやら新展開があるようです。3月の横浜にお越しになる方は、ぜひ、マンカストラップを見つけてみてください。




劇団四季携帯サイトはこちら>>>



『キャッツ』作品紹介ページ(パソコン版)はこちら>>>


『キャッツ』ポスター・チラシが新デザインに!!

もう、ご覧になりましたか?『キャッツ』のポスター、チラシのデザインが、この3月から新しくなりました!タントミール、ディミータ、マンカストラップの3匹からバトンを受けて新たに登場したのは、ヴィクトリア、ミストフェリーズ、ジェリーロラム。

ここで、その撮影現場の潜入レポートを、少しお届けします。

2月15日(月)朝7:30のキヤノン・キャッツ・シアターには、機材が運び込まれ始めていました。パソコンが設置され、ライトなどがスタッフの手によって手際よく組み立てられてゆきます。


キャッツ・シアターが、スタジオに早替わり。ライティングの準備も整いました。

光の具合や、バランスなどが何度も確認されたところで、カメラマンも会場に到着。
まず現われたのは、ミストフェリーズ役の松島勇気。カメラマンの指示に応じて、様々な表情を見せてゆきます。

「かっこいいね!」とのカメラマンやスタッフ一同の言葉に、自身もモニターを確認しながら、「お!かっこいい!」と大満足の様子の松島。


確認用にプリントされた写真を手にするミストフェリーズ(松島)。撮影に入ったヴィクトリア(原田)の様子を見守ります。

続いて、ヴィクトリアの原田真由子の撮影が始まりました。バレエで鍛えた身体を生かして、見事なポーズを見せる原田の姿に、ギャラリーから「おおっ!」と感嘆の声が上がります。

最後に登場したのは、ジェリーロラムの秋夢子とグロールタイガーの田島亨祐。


撮影に挑むグロールタイガー(田島亨祐)。こちらのバージョンは、電車の中吊りや渋谷駅ほかに登場!

『エビータ』に出演中の秋も、この日ばかりは、『キャッツ』モードに。衣裳をつけると一気に表情もジェリーロラムになりました。秋と田島も、松島や原田と同じく、カメラマンからの指示で、アップから引きまで、何カットかを撮影。出来上がった写真を確認し、とても気に入った様子でした。


(左から)ヴィクトリア(原田)、ミストフェリーズ(松島)、ジェリーロラム(秋)の撮影風景。カメラマンの希望に応じて様々な表情を見せます。

横浜の地で開幕してから、まもなく4ヶ月になろうとしています。連日たくさんのお客様の熱い拍手をいただきながら、ますます盛り上がる『キャッツ』横浜公演。今後も、目がはなせません!!


【おまけのひとコマ】

(左から)ヘアメイクさんに、耳の毛の乱れを直してもらっています。左耳もお願いします。「大丈夫?」




劇団四季携帯サイトはこちら>>



『キャッツ』作品紹介ページ(パソコン版)はこちら>>

BACK
1 2 3 4
[an error occurred while processing this directive]