劇団四季

劇団四季 浅利慶太記念館 劇団四季のものがたり、時を超えた舞台にまた逢える

❶劇団四季とは

劇団四季創立時の思いと、俳優・技術スタッフ・経営スタッフが一体となり築き上げてきた劇団四季の現在を紹介します。

❷年表

創立1953年から現在までの出来事を10年ごとにまとめた記録。
かつての稽古場に使用していた表札や『キャッツ』初演時の劇場模型など、劇団の歩みが刻まれた資料を展示。

❸前史/創立

社会思想に満ちていた日本近代演劇史の中で、10名の学生たちが真の演劇を求めて立ち上がりました。
劇団四季が誕生するまでの流れと、創立理念を紹介。

❹浅利慶太の足跡

劇団四季の創設者である浅利慶太氏が企画や執筆の際に使っていたデスクと愛用の品々を展示。浅利の功績と交友関係をご紹介します。

❺思い出の人々

早世した劇団員や、劇団を長年支えてくださった方々を偲びます。
実際に着用していた衣裳や小道具、舞台写真などを展示。

❻ミュージカル

オリジナルミュージカルから、海外大型作品のロングランまで、様々な作品を手掛けてきた記録。
海外カンパニーからの応援メッセージなど、貴重な資料が並びます。

❼ドラマ

アヌイ、ジロドゥを中心とするフランス演劇から古典、創作劇、社会的なテーマの現代劇まで幅広く上演してきたドラマの歴史を紹介。細やかな部分まで作り込まれた舞台模型も見どころです。

❽企画コーナー

「浅利慶太の世界」と題して、ストレートプレイ・ミュージカル以外で演出したオペラ『マダム・バタフライ』『エレクトラ』と「長野冬季オリンピック開閉会式」の資料と衣裳・小道具を展示。映像でも紹介。

❾海外交流

中国、英国、韓国、シンガポールでの公演や、海外スタッフとの交流、海外からの研修生の受け入れなど、演劇を通じて積極的に行ってきた国際文化交流の記録です。
企画コーナー「浅利慶太の居た空間」

❿全国公演

「文化の一極集中の是正」を掲げる劇団四季が今までに訪れた都市は、全国で700に及びます。
汗と足で切り開き、たくさんのお客様の笑顔と感動に支えられてきた足跡です。

⓫社会貢献活動

演劇の感動を日本全国の子どもたちへ届ける「こころの劇場」プロジェクトや、話し言葉としての日本語を分かりやすく伝える『美しい日本語の話し方教室』などの活動を紹介します。

グッズ販売

『キャッツ』や『ライオンキング』などの書籍、CD、DVDなどを取りそろえております。

館内写真

所在地・アクセス情報はこちら