過去のニュース記事

『はだかの王様』カンパニーが表敬訪問を行いました!―利尻公演レポート(2)

昨日の荒れた天候が嘘のように快晴の青空が広がった2日目。
8月18日(日)、俳優たちは2組に分かれ、それぞれ利尻島と礼文島の町役場に表敬訪問しました。

≪利尻島チーム≫
10:00 利尻町役場
ペテン師スリッパ役の神保幸由、ホック役の豊田早季、王女サテン役の吉良淑乃の3人が訪れたのは利尻町役場。利尻町長 保野洋一氏から「子どもたちのためにこれからも毎年来てもらえると嬉しいです。この大切なご縁をこれからも大切にしていきたいですね」と、激励の言葉をいただき、3人は大きくうなずきました。
130818hadaka_001.jpg

10:30 見返台園地
次の利尻富士町役場訪問の合間を縫って、「見返台園地」へ赴いた一行。利尻山の5合目付近にあり、展望台からは眼前に利尻山の山頂が広がり、振り返ると礼文島も眺望できるというスポット。残念ながらこの日は霧がかかってしまい、展望台まで登ることは断念。霧の中で記念撮影。
130818hadaka_002.jpg

11:00 利尻富士町役場
続いては、利尻富士町長 吉田 勤氏にご挨拶。利尻の温泉や、映画のロケ地になった時の様子等をお話して下さいました。「子どもたちは劇団四季の公演を本当にいつも楽しみに待っているんですよ」との嬉しいお言葉に、「精いっぱい頑張りましょうね!」と、神保が力強く2人に声をかけました。
130818hadaka_003.jpg

11:30 姫沼
晴れた日には湖越しに利尻山の山容と深い森を望むことができます。20分ほどで周ることができる散策路も整備されており、3人も一周してきました。湖面に鳥の姿を見つけたり、散策路脇の木々に珍しい蝶を見つけたりしながら歩くと、あっという間に一周。豊かな自然を感じられることができる場所です。
130818hadaka_004.jpg

12:30 オタトマリ沼
北海道のお土産の代表格である「白い恋人」のパッケージの山は、実はこのオタトマリ沼からみた利尻富士の姿。利尻島で最も大きい湖沼です。
130818hadaka_005.jpg

13:10 仙法志御崎公園
利尻山から流れた溶岩が奇岩怪石となっており、波が打ち砕ける風景は圧巻!3人も圧倒されていました。打ち寄せる波を背にして記念撮影。
130818hadaka_006.jpg


≪礼文島チーム≫
アップリケ役の江上健二、王妃パジャママ/フリルフリル/眼鏡屋ピンタック役の菅本烈子、ペテン師スリップ役の服部ゆうが訪れたのは礼文島。礼文島は、利尻島に並んで自然の豊かな島です。利尻島から40分程度フェリーに揺られ、一行は礼文島・香深港に到着しました。

11:00 礼文町役場
到着後は、さっそく礼文町役場に向かい、礼文町副町長 村井政春氏を訪問しました。温かく迎えて下さった村井副町長には、礼文島の大自然や漁業、観光まで多岐にわたるお話をうかがいました。村井副町長からは「島の子どもたちは、なかなか演劇を見る機会がないので、毎年、来ていただくことをとても楽しみにしています」とのお言葉をいただくと、菅本は「子どもたちが指折り数えて待っていてくれると思うと、私たちもやりがいを感じます」と応えました。
130818hadaka_007.jpg

11:20 北のカナリアパーク
表敬訪問後は、村井副町長の案内で、映画「北のカナリアたち」のメインロケ地「北のカナリアパーク」を案内して下さいました。青色の海と緑の草花、さらによく澄んだ青い空のコントラストが美しく、3人ともその景色に終始感動していました。
130818hadaka_008.jpg

13:00 沓形港着
村井副町長には、港から船が出発するまでお見送りしていただきました。短い滞在時間でしたが、礼文島を満喫した3人は、再びフェリーに揺られ利尻島に戻ってきました。
130818hadaka_009.jpg

17:30 交流会
両チームが合流し始まったのは、地元の方との交流会です。

「私たち離島に住んでいる者には、生の芸術文化に直接触れることはとても難しいことです。札幌にも四季の常設劇場がありますが、島の皆が皆、そちらまで観に行くことはできるわけではありません。ですので、今年もこうしてお越しいただき、自分の町で生の演劇を見せていただけるのは我々島民にとって本当に嬉しいことです。明日から仕込みが始まりますが、20日からの公演が上手くいきますように、どうか今日は英気を養っていただければと思います」――保野洋一利尻町長から熱いメッセージの込められたご挨拶の言葉をいただき、交流会がスタート。俳優やスタッフのために地元の方々が、ホタテ、焼き鳥、ジンギスカン等、北海道の豊かな食材を調理して下さいました。温かいおもてなしに、笑顔がこぼれます。

こうした地元の方の応援によって、8回目を迎えることができた利尻での公演。楽しい時間はあっという間に過ぎ、公演委員長を務める江上健二からのご挨拶で幕を閉じました。利尻公演には初めて参加する江上は「今回初めて利尻島に来て、“利尻公演に行きたい!”という劇団員が多い理由がよくわかりました」と利尻島の環境の素晴らしさ、そして熱いおもてなしへの感動を伝え、「これからも利尻での公演を末永く続けていけたらと思います。今日は本当にありがとうございました!」と、締めると大きな拍手が沸き起こりました。
130818hadaka_010.jpg

翌日はいよいよ20日(火)の公演に向けて仕込みが始まります。利尻島の皆さんの温かいおもてなしに応えるような公演に向けて準備を進めなければいけません。

次回は、19日(月)に行われる仕込みの様子をレポートします。

演目情報

はだかの王様

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ