過去のニュース記事

『オペラ座の怪人』札幌公演の舞台仕込みが始まっています!

19年ぶりの『オペラ座の怪人』札幌公演が近づいてきました!

12月23日(月・祝)の開幕に向けて、現在、北海道四季劇場では舞台の「仕込み」が続いています。

本作の注目ポイントのひとつは、オペラ座を再現した豪華なセット。そのために劇場に運び込まれた荷物は、なんと11tトラック40台分! 今まさに、のべ700人に上るスタッフの手で、北海道に壮麗なオペラ座が築き上げられています。

12月6日(金)にはその仕込みの様子が初めてメディアに公開され、多くのマスコミ関係者が劇場に集まりました。

舞台スタッフの岩本佳之が案内する劇場内でひときわ目を引くのは、物語で非常に重要な役割を果たす巨大な「シャンデリア」。その大きさは高さ2m、横幅3m、重さは350kgにも達し、2万4000個ものクリスタルビーズが輝きを放ちます。

このシャンデリアが天井まで吊り上げられる様子をご覧いただくと、大きな歓声が上がりました。物語でも様々なシーンで登場し、驚愕の演出が施されていますので、ぜひ楽しみにしていてください!

これから12月12日には舞台装置が完成し、音響・照明機材の調整を経て舞台稽古へと進んでいきます。メインキャスト候補の俳優たちも北海道のメディアに続々登場中! 開幕が迫る『オペラ座の怪人』札幌公演から、今後も目が離せません!

演目情報

オペラ座の怪人

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ