過去のニュース記事

『ライオンキング』東京公演が、ロングラン15周年を迎え、特別カーテンコールが実施されました!

この公演は1998年の開幕から、日本演劇史上初の無期限ロングランを継続してきました。アフリカ・サバンナを舞台に展開するライオンの子・シンバの成長物語を中心に、生命の営みや親子の絆を描いた『ライオンキング』。1998年12月20日、四季劇場[春]のこけら落とし公演として大きな期待と共に開幕し、想像を超えるステージは圧倒的な反響となりました。その後、作品の持つエネルギーは15年を経た今なお衰えることなく、日本のロングラン記録を塗り替え続け、東京公演だけでもその総公演回数はなんと5,195回!今日までに観客動員数約560万人のお客様に感動と興奮をお届けしてきました。
なお日本公演は、東京公演を皮切りにスタートし、これまでに5都市(東京/大阪/福岡/名古屋/札幌)で、のべ7公演を実施。周年当日時点での国内通算公演回数は8,962回、観客動員数は903万人となりました。

131220LK_001.jpg

15周年を迎える記念すべき12月20日の公演終演後、これまで『ライオンキング』の公演を支えてくださったすべての方に感謝をこめて、特別カーテンコールの幕が開きました。

緞帳が開くと、そこには、'ラフィキの木'と共に、ラフィキ(鄭 雅美)が舞台上に現れます。洞に手をかざすと、「15」という数字が幻想的に浮かびあがり、客席から大きな拍手が湧き上がります。
「時は来たれり!」というラフィキの高らかな声に続き、戴冠式の音楽がアカペラの厳粛な音色が客席を包み込みます。そして舞台は、プライドロックに。サバンナの動物たちが「サークル・オブ・ライフ」の音楽とともに舞台上に躍り出ます。
ラフィキの合図で15周年の看板が現れ、キヤノン砲が発射されると、客席から歓声が上がりました。

131220LK_002.jpg

皆様の温かい拍手を受けて、出演者を代表してご挨拶に立ったのは、シンバ役の島村幸大。

「これほどの公演を重ねることができましたのも、お客様お一人お一人が『ライオンキング』を愛し、育んでくださったからこそと、動植物、スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。『ライオンキング』東京公演、さらなるロングランに向け邁進してまいります。」
ロングラン15周年の感謝と、これからも続いていく公演への意気込みが語られ、客席はオールスタンディングとなり、割れんばかりの拍手はしばらく鳴り止むことがありませんでした。

131220LK_003.jpg

また、今回の15周年では、「あなたと『ライオンキング』の15年」というテーマで募集を行っていたエピソードの入賞者をお招きしました。全国各地から、500通を超える応募総数の中から選ばれた6名の方々が発表され、表彰式が催されました。

大賞.........................吉川ひろみ 様
シンバ賞.................涌井董子 様
ティモン賞...............小渡亮介 様
ラフィキ賞...............堀 桃子 様
ナラ賞.....................上村 寛 様(奥様とお子様代理出席)
プンバァ賞..............ハニカミしんば 様(お仕事のため、欠席)

131220LK_004.jpg

入賞者の皆様に出演者から表彰状が手渡された後、おひとりおひとりからお言葉をいただきました。エピソードひとつひとつに込められた『ライオンキング』にまつわる温かな思い出と熱い想いは、改めて特集ページでご紹介させていただきます。
15年間を支えてくださった皆様の想いを糧に、『ライオンキング』はロングラン16年目に突入し、新たな記録へ向けて邁進していきます。日本のエンターテイメントの常識を覆し、前人未到の領域へと歩みを進める『ライオンキング』に、これからも温かなご声援をお願い申し上げます!

15周年記念エピソード入賞6作品はこちら!>>

演目情報

ライオンキング

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ