過去のニュース記事

『魔法をすてたマジョリン』東京公演の最終舞台稽古が行われました

3月22日(土)に東京・自由劇場で開幕するファミリーミュージカル『魔法をすてたマジョリン』。
その最終舞台稽古が、21日(金・祝)に同劇場で行われました。

物語の主人公は、魔女のマジョリン。年は123歳ですが、魔女の世界ではまだ小学生です。
今日は年に一度の、子どもは行ってはいけない"魔女の夜祭り"が開かれる日。好奇心旺盛なマジョリンはこっそりと忍び込みますが、集まってきた魔女たちに見つかってしまいました。その罰から逃れるため、魔女の検定試験に挑むことになったマジョリン。試験に合格するには、魔法で人間たちを困らせる"悪い魔女"にならなければなりません。
さっそくばあやのブツクサスと一緒に人間の村へ向かい、悪い魔法の勉強を始めたマジョリンですが、そこで出会った心優しい青年・ダビッドに恋をしてしまい...。

最終舞台稽古は、午前と午後の2回にわたって行われました。多くの劇団関係者が集まり、本番さながらの稽古で白熱する自由劇場。客席からは演出家・浅利慶太も見守り、「言葉を大切にして、作品に込められた思いをしっかりとお客様に届けるように」と、最後の最後まで熱心に指導を続けました。

友情の大切さ、困っている人を助ける優しさ、愛と思いやりの心――マジョリンと素敵な仲間たちがお届けするたくさんのメッセージを、ぜひご家族揃って受け取ってください。
『魔法をすてたマジョリン』東京公演は、4月13日(日)公演分までチケット好評発売中です。皆様のご来場を心よりお待ちしております!

撮影:荒井 健、劇団四季

演目情報

魔法をすてたマジョリン

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ