過去のニュース記事

『桃次郎の冒険』出演俳優がSBC信越放送「こどもフェスタ」に登場しました!

いよいよ千秋楽へ向け大詰めを迎える『桃次郎の冒険』全国公演に出演中の、紙芝居屋役・中村 伝、アンズ役・生形理菜、アンサンブル・中村友香が、3月21日(金・祝)SBC信越放送「こどもフェスタ」に登場しました。

今回3人が参加したSBC信越放送「こどもフェスタ」は様々な仕事の職業体験や、ものづくり体験など子どもたちに夢と未来を感じてもらうイベントで、テレビ局内特設ステージにて劇団四季の俳優の仕事や『桃次郎の冒険』の作品紹介をしました。

イベントの直前には特設ステージでのイベント告知、『桃次郎の冒険』長野県3公演の告知としてSBCラジオに出演。3人は『桃次郎の冒険』の見どころをお伝えしました。紙芝居屋役の中村 伝が拍子木を実際に鳴らしてみるとスタジオに拍子木の音が響き渡りギャラリーを沸かせる場面もありました。

ラジオ出演を終えた3人はその足で特設会場へ。いよいよイベント本番がスタートしました。朝10時という早い時間にもかかわらず、会場は200名ほどのお客様でいっぱい。この劇団四季のステージが「こどもフェスタ」のオープニングイベントであり、これを目当てに朝早くから駆けつけてくださったお客様も沢山いらっしゃいました。
紙芝居屋役の中村 伝を先頭に拍子木をたたき登場すると大きな拍手で迎えられました。『桃次郎の冒険』冒頭場面の紙芝居屋の歌から始まり、会場の皆さんと一度手拍子を練習。その後、音楽に合わせて「トン ト トントン トントン」と手拍子を一緒にしました。紙芝居屋の歌が終わると3人は自己紹介、桃次郎の作品の魅力や俳優の仕事の楽しさ、やりがいを伝えました。

「こどもフェスタ」のテーマは職業体験。ミュージカル俳優としての体験を少しでも味わっていただければと、会場の皆さんに『桃次郎の冒険』のメインテーマである「すもも も ももも」にチャレンジしていただきました。一度俳優が手本を見せ、その後、一緒に歌詞を覚え繰り返し練習。2番は歌にダンスを加えて振り付けの練習をしました。練習を終え中村 伝から「では、一緒に発表してみたい人!」と声をかけると、大勢の子どもたちが手を挙げ、実際に俳優と一緒に並んで立ち、お父さん、お母さんがいるお客さんのいる方向を向いて「すもも も ももも」を歌って踊り発表しました。少し緊張しながらも皆、元気いっぱいに歌やダンスへチャレンジし、俳優のお仕事を体験していただきました。客席のお父さんやお母さんも音楽に合わせ手拍子をし、発表が終わると会場全体に大きな拍手が巻き起こりました。

昨年4月からスタートした『桃次郎の冒険』全国公演は明日いよいよ長野県大町市で千秋楽を迎えます。当日券の販売もございますので是非ご来場ください。

『桃次郎の冒険』大町公演  ※千秋楽
□日時 : 3月23日(日) 15時開演(14時30分開場)
□会場 : 大町市文化会館
□料金 : 指定席4,000円 (高校生以下3,000円)
□問い合わせ先 : 大町市文化会館 0261-22-9988

演目情報

桃次郎の冒険

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ