過去のニュース記事

『ふたりのロッテ』彦根公演 合同取材会が実施されました!

4月より全国を巡演しておりますファミリーミュージカル『ふたりのロッテ』。どの公演地でも、この暑さに負けないお客様のご声援をいただいております。
そしていよいよ今月25日からは関西エリアでの公演がスタートいたしました。

関西への移動日であった7月24日(木)には、ひこね市文化プラザにて、彦根市の各報道記者が集まった合同取材会が実施されました。作品の魅力などをご紹介いたしましたのは、ロッテ役の高橋伶奈とルイーゼ役の吉良淑乃のふたりです。

<見どころ>
 高橋: 少女2人が偶然に出会ったことから始まるこの作品のテーマはまさに"家族愛"です。小さなお子様から、ご年配の方まで見方はそれぞれですが、どんな年齢でもお楽しみいただける作品です。

吉良:ロッテ、ルイーゼ2人の心情の変化にあわせて、舞台が転換していきます。
歌うナンバーの歌詞にも大切なメッセージが込められておりますので、ぜひご注目ください。

<意気込み>
高橋: 公演後の「お見送り」で、小さなお子様やご家族の楽しそうな笑顔を見るとエネルギーがもらえます。「また観たい」「家族で来られてよかった」と思っていただけるように頑張ります。

吉良:私たちは各地の会場を廻り公演をいたしますが、ご来場いただくお客様にとっては、大切な1回の公演です。常に新鮮な気持ちで舞台に臨んでいます。

<彦根市の印象>
彦根といえば駅を降りた瞬間迎えてくれた"ひこにゃん"のイメージがとても強いです。
今回が初めての訪問で、駅から劇場へむかう途中にありました、城下町の伝統を継承した格子窓や、白壁が続く町並み『夢京橋キャッスルロード』にとても惹かれました。また、自然も豊かで澄んだ空気が心地よく、プライベートでもまた遊びに来たいと思いました。

また、ひこね市での公演には、「リハーサル見学会」が実施されます。
普段聞き馴染みのないイベントに記者の方々も興味を示し、イベントの雰囲気や詳細などについてもお話が弾みました。

関西での公演は、神戸公演、阪南公演、彦根公演の三か所です。
是非、"家族愛"の大切さを綴る2人の物語に会いに来てください!

◆神戸公演:7月25日(金)~7月27日(月) 新神戸オリエンタル劇場 
◆阪南公演:7月28日(月) 阪南市立文化センター サラダホール 
◆彦根公演:8月10日(日) ひこね市文化プラザ グランドホール

演目情報

ふたりのロッテ

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ