過去のニュース記事

『ジョン万次郎の夢』京都公演が開幕しました!

9月13日(土)京都劇場(JR京都駅ビル内)にて、劇団四季ファミリーミュージカル『ジョン万次郎の夢』が開幕いたしました!
140913jonman_001a.jpg
『ジョン万次郎の夢』は、幕末、日本人で初めてアメリカへ渡り、日米の架け橋として幾多の業績を残したジョン万次郎こと、中濱万次郎の半生を描く作品です。万次郎は土佐国(現・高知県)の漁村での産まれでしたが、14歳の時漁で嵐に遭い、奇跡的にアメリカの捕鯨船に救出されたことから、日本人として初めてアメリカ大陸に降り立った人物です。
鎖国の掟を破り、やっとの思いで日本に帰してからは、アメリカで学んだ文化や世界観を語り伝えることに励み、ついには勝海舟、福沢諭吉、坂本龍馬など多くの偉人に影響を与えたと言われています。
140913jonman_002.jpg
3連休初日と重なった当日の公演には、お子様からご年配の方まで幅広い世代の皆様にご来場いただきました。
本編が始まりますと、万次郎とアメリカ人船長の出会いのシーンでの、英語の解釈を勘違いしたコミカルな掛け合いに笑いが起こり、その一方で、鎖国による人種差別の問題で万次郎が苦悩するシーンでは、誰しもが真剣な眼差しで舞台の流れに注目しておりました。
140913jonman_003.jpg
そして、終演後のロビーでは、ファミリーミュージカルならではの俳優たちによるお見送りが行われます。ホイットフィールド船長と「ナイ・ミ・ツ―」と握手をしながら交流をするお客様もいらっしゃり、この作品のテーマである「心の交流」をしっかりと受け取っていただけたことがわかる素敵な場面もありました。

また、本日の公演には中濱万次郎直系5代目の中濱京女史がご来場され、終演後出演俳優との交流会とジョン万次郎役、梅津亮とホイットフィールド船長役、田島亨祐の2人を交えた合同取材会を実施致しました。
140913jonman_004.jpg
中濱氏*
「劇団四季の公演は今回が初めての観劇でございます。
ファミリーミュージカルと聞いて、当初は子供向けのわかりやすい内容になっているのかと思っておりましたが、大人でも充分楽しめるミュージカルでとても感動しました。史実に忠実で、劇中で流れる軽快な音楽の中にも万次郎の勇気や強い気持ちを感じることができました。グローバル社会といわれる日々の中、何をすることがグローバルなのかという事を、この作品はしっかりと捉えています。多くの方に観て頂き、日米関係について、そしてグローバル社会について考えて頂ける内容としてとても素晴らしいと感じます。この作品を上演してくださった劇団四季にとても感謝しています。」
140913jonman_005.jpg
国家や地域、また人種という境界を越えて、多くの社会との交流が目指される今、ジョン万次郎さんのメッセージは、時を越えて、私たちに優しく力強く語りかけてくれます。

ファミリーミュージカル『ジョン万次郎の夢』京都公演は、10月3日(金)までの上演です。多くの歴史が語られるここ京都で、ぜひこの機会にご観劇ください!

演目情報

ジョン万次郎の夢

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ