過去のニュース記事

『ジョン万次郎の夢』京都公演 「みんなで歌おうジョン・マン」が開催されました!

9月28日(日)、ファミリーミュージカル『ジョン万次郎の夢』京都公演にて2回目となるイベントが開催されました。今回は、「四季の会」会員限定の「みんなで歌おうジョン・マン」です!
京都公演における一般公演は本日が千秋楽ということもあり、遠方からも多くのお客様にご来場いただきました。お客様の中には東京でもご参加された方や、京都公演全10公演をご観劇いただいた方もいらっしゃいました。

観劇の興奮冷めやらぬお客様と、劇中のナンバーを歌うこのイベント。今回は、司会の田島亨祐をはじめとし、織笠里佳子、山本志織、前田員範、提水流 奈津子、白倉一成、田中あすか、鎌田 純、菅谷有希、川村 英、戸高圭介の総勢11名の俳優が登場です。

司会の田島による軽快なトークと俳優たちのユニークな自己紹介からイベントはスタート。
まずは織笠、山本による歌の指導です。緊張をほぐす準備体操をした後、メロディパート(A班)とおっかけ(ハモリ)パート(B班)に分かれて歌声を響かせます。
140928jonman_001.jpg

今回のイベントで歌うナンバーは、劇中でも大切なナンバーである「心を開いて」です。お客様の中には歌詞を覚えている方も多くいらっしゃり、俳優の「上手く歌うコツ」を聞き、さらにより深くナンバーを理解して歌うことに集中する歌声は、俳優を驚かせます。

発表は、4つの班に分かれて進みました。緞帳がおりる本格的な演出にお客さまからも大きな歓声があがりました!
A班の準備が整う間の客席では、司会の田島がお客様に『ジョン万次郎の夢』について質問タイム。
田島「やってみたい役はありますか?」
―「ジョン万!」女の子の思わぬ返事に思わず他のお客様も驚かれました。ちなみに田島が演じたい役は「キン、ギンのどちらか」これまた思わぬ答えにお客様は大盛り上がり!

いよいよ練習の成果の発表です。舞台上から、ジョン万が届けたい「夢をあきらめない強いこころ」のメッセージを、各班心を込めて雄大なメロディーにのせて歌いあげます。

俳優からの指導により、最後のシーンは各班それぞれの振り付けとなりました。歌声が客席を包み込むと、どの班からも大歓声があがりました。
140928jonman_002.jpg

イベントの最後には、再度質問にお答えするコーナーを実施いたしました。
「自分にとっての宝物はなんですか?」という質問には―「支えてくれる存在(家族をはじめ、友達や仲間、そしてお客様)です。」と。皆、改めてお客様に感謝の気持ちをお伝えし、舞台を通して感動を共有することの大切さを実感する瞬間となりました。
歌の発表、質問コーナーと盛りだくさんだった本日のイベント。「明日の活力になりました!」と皆様、笑顔で劇場を後にされました。
140928jonman_003.jpg

『ジョン万次郎の夢』京都公演の一般公演は千秋楽を迎えました。京都での「こころの劇場」を10月3日(金)まで上演した後は、10月24日(金)大分にて公演を実施いたします。
また、京都劇場では、12月5日(金)より『ジーザス・クライスト=スーパースター』[エルサレム・バージョン]が開幕します。作品をより深く楽しめるイベントの実施も決定しておりますのでどうぞご期待下さい!

『ジーザス・クライスト=スーパースター』[エルサレム・バージョン]作品紹介ページはこちら>>

演目情報

ジョン万次郎の夢

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ

ジーザス・クライスト=スーパースター

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ