過去のニュース記事

『キャッツ』札幌公演が開幕しました!

1月18日(日)、北海道四季劇場で『キャッツ』札幌公演が開幕しました!
前日から、道内でも珍しいほどの大雪と吹雪。しかし、スタッフたちの献身な除雪作業により、お客様をお迎えする準備を整えました。
17年ぶりの『キャッツ』札幌公演開演です!
150118cats_001.jpg
都会のゴミ捨て場を舞台に、24匹の猫たちが繰り広げるジェリクル舞踏会。猫たちがそれぞれの生き方、心意気を歌い、そして踊りに祈りを託します。それを鼓舞するように、ナンバー毎に客席から沸き起こる熱い拍手。客席中を縦横無尽に駆け回る猫たち、そして唯一無二のパフォーマンスに驚きと感動が止むことはありません。
カーテンコールでは惜しみない拍手と歓声が客席を包み込み、いつしかスタンディングオベーションへ――。17年ぶりに札幌に帰ってきた猫たちは、再び新たな歴史を刻み込みました。
150118cats_002.jpg
また、終演後にはオープニングパーティーが開かれ、共催の北海道新聞社・村田正敏社長より温かいエールをいただきました。
「この吹雪の中で『キャッツ』を観ることができるのは本当に贅沢なことです。『キャッツ』は1983年東京での日本初演を観て以来、何度も足を運んでいますが、その「進化」を実感しています。完成度の高さに、俳優、そしてスタッフの方々がどれほど入念な稽古を重ねているかがわかります。17年ぶり、北海道の"猫年"を心からお祝い申し上げます」

続いて、演出スーパーバイザーを務める加藤敬二から。「進化して札幌に帰ってきました!皆様お楽しみいただけましたでしょうか? 『キャッツ』を通して、"感動"そして"想い出"をお受け取りいただければ幸いです。それでは本日のジェリクルキャッツを紹介します!」。この日の出演者・出演候補者が紹介されると会場中から激励の拍手が。中でも北海道出身の坂田加奈子、岩崎晋也、加藤 迪、齊藤太一、松山育恵の5名の俳優が紹介されると、ひときわ大きな拍手と熱い声援が送られました。
初日003.jpg
さらなる進化を遂げた熱い舞台を観に、ぜひ札幌にいらしてください。ジェリクルキャッツ一同、皆様とお会いできるのを心より楽しみにしています!

演目情報

キャッツ

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ