過去のニュース記事

躍動するファンタジー!『アラジン』公開稽古&取材会レポート

5月24日(日)の開幕が迫る最新ディズニーミュージカル『アラジン』から、ゴールデンウィーク最終日にホットなニュースのお届けです!4月28日(火)、あざみ野・四季芸術センターにて公開稽古&合同取材会を行い、そのパフォーマンスを初披露しました。
150501AL_001.jpg
集まった記者の前で最初に披露したのは、物語の冒頭を飾るオリエンタルなナンバー「アラビアン・ナイト」。ディズニーアニメーションのオーバチュアとしてもお馴染みのナンバーですが、ミュージカルでは大幅にパワーアップ!
まるでクライマックスかと錯覚するほど豪華でハイテンションなパフォーマンスは、異国情緒豊かな幻想の世界へと一気に記者たちを引き込み、幕開きからショーストップナンバーとなるほどの白熱ぶり。その様子に、稽古を指揮する演出補のスコット・テイラー氏は満足気な表情を浮かべながらも、さらにこんなアドバイスを。
「『これから素晴らしいショーが始まるぞ!』『皆さん、心の底から楽しもう!』といったメッセージと"場の空気"を、体全体を使って発信すること。観客を圧倒して、びっくりさせなくてはいけない。このナンバーで、劇場全体がクリスマスの子供のようなワクワクした気持ちに包まれるんだ!」
ダンス・スーパーバイザーのマイケル・ミンドリン氏も、自ら手本を示しながらダンスの切れ味と美しさに磨きをかけ、稽古はこの日2曲目の心まで踊りだすようなキャッチーでリズミカルなナンバー、「バブカック・オマール・アラジン・カシーム」へ。
150501AL_002.jpg
そして公開稽古終了後の合同取材会には、スコット・テイラー氏、マイケル・ミンドリン氏に加え、アラジン役の島村幸大、厂原時也、ジーニー役の道口瑞之、瀧山久志、ジャスミン役の岡本瑞恵、三井莉穂が出席。開幕に向けて、作品の見所と意気込みを語りました。150428AL_004.jpg
―この作品の一番の見所は?
「すべての人に感動を味わってもらえる舞台であることです。ブロードウェイの観客は、『自分の望んだすべてのものが盛り込まれていた!』と言ってくださる。俳優、衣裳、装置、照明など、すべてに価値があるということです。だからこそ、皆さんの感想はこう続きます。『付き添いのはずの夫が夢中になって楽しんでいたわ』と(笑)」(テイラー氏)
「登場するすべてのキャラクターに人生の旅路があります。その旅路を客席にいる皆さんが一緒に辿り、冒険と感動を味わっていただける物語に仕上がっています」(ミンドリン氏)

―それぞれの役について
◆アラジン
「最初はキャラクター探しをして自分を見失っていましたが、周囲が個性的な分、自分がまっすぐ誠実にあれば、自ずとアラジンという青年が浮かび上がってくるのだと気がつきました。とても華やかなステージなので、そこに委ねてドラマの中身を損なわないように、丁寧に演じていきたいと思います」(島村)
「僕も『今の自分じゃダメだ』と大分背伸びをしました。ですが、スコットさんやマイケルさんからアドバイスをいただき、自分に正直にアラジンという役を生きることを学びました。これからもブレずに、稽古を重ねていきます」(厂原)
◆ジーニー
「コメディ色の強い作品ですが、そこにはアラジン、ジーニー、ジャスミンがそれぞれの自由を得るまでのドラマもあります。お腹を抱えて笑って、最後は涙で終われるように。感動の数ではブロードウェイに絶対負けない舞台にします!」(道口)
「ずっとクラシックの世界を歩んできましたが、実はもともとお祭り好き。今回は自分の本質に近い役をいただいたので、全身全霊でジーニーに挑みたいと思います」(瀧山)
◆ジャスミン
「スコットさんから『ジャスミンは女性全体の権利や願望を体現する存在なんだ』とアドバイスをいただきました。すべての女性が共感できる存在、そして男性が多い舞台の中でしっかりと花を添えることができる存在になりたいと思います」(岡本)
「非常にエネルギッシュな作品なので、そこに埋没して流されることなく、凛として立つジャスミンを目指していきます」(三井)
150428AL_005.JPG
最新ミュージカル『アラジン』は、開幕まであとわずか!
期待に胸を躍らせながら、楽しみに待っていてください!

撮影:上原タカシ

演目情報

アラジン

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ