過去のニュース記事

広島・フラワーフェスティバルに、『美女と野獣』出演キャストが登場しました!

5月3日~5日に開催された「2015ひろしまフラワーフェスティバル」に、『美女と野獣』広島公演の出演キャストが登場。会場に華を添えました。

この祭典は、今年で39回目を迎える広島最大のイベント。毎年160万人を超える人でにぎわいます。

2日(土)に関係者が参加する前夜祭が開かれ、『美女と野獣』出演キャストの早水小夜子、田島亨祐ら7名が劇中ナンバーを披露しました。テーマソングの「美女と野獣」や、酒場での「ガストン」のワンシーンが繰り広げられると、温かい拍手が起こります。

祭典初日の3日はあいにくの雨となりましたが、メインステージにあたる「カーネーションステージ」前には早くから多くのお客様にお越しいただきました。
舞台には、昼公演を終えたばかりの北澤裕輔、田島亨祐、明戸信吾、一色龍次郎、沖田 亘、林 晃平、南 圭祐、八百亮輔、吉田幹也、西田ゆりあ、榊山玲子、出口恵理の12名が、「ガストン」「愛せぬならば」の2曲を披露。圧巻のステージに会場から大きな拍手が沸きます。この模様は、中国新聞の特報でも紹介されました。

その後、「オリーブステージ」にも登場。ルミエール役で愛媛県出身の丹下博喜と、バベット役で広島県出身の小川美緒が、作品の魅力や故郷での出演について語りました。

またこのステージでは、一人のお客様に、マグダンスを体験していただきました。選ばれたのは、『美女と野獣』のTシャツに、バラの髪飾りをして来場された女の子。上下にマグを打ち合わせる難しいダンスに挑戦し、かわいい乾杯を披露してくれました。

続いてキャストによるマグダンスを披露。雨に負けない声援をいただき、ステージイベントは幕を閉じました。

そのほか、フラワーフェスティバル開催中には、「Be Our Little Guest」のブースも出店。フェイスシールを貼って楽しむお子様連れでにぎわいました。
このイベントは、5月8日(金)、15日(金)、22日(金)、26日(火)、28日(木)に、劇場(上野学園ホール)でも実施いたします。ぜひお立ち寄りください。
>>「Be Our Little Guest」詳細はこちら

花々の彩り豊かな会場で、ご来場者に笑顔をお届けしたキャストたち。『美女と野獣』広島公演もいっそう華やかに、舞台に磨きをかけてまいります。

演目情報

美女と野獣

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ