過去のニュース記事

『オペラ座の怪人』名古屋公演、通算入場者数100万人達成!

10月16日(金)、新名古屋ミュージカル劇場にて上演中のミュージカル『オペラ座の怪人』が、名古屋での通算入場者数100万人を達成しました。

本作が名古屋で初演を迎えたのは、1990年。中日劇場で初演の幕を開けると、名古屋ミュージカル劇場、新名古屋ミュージカル劇場と公演を重ね、先月9月には4度目の開幕を果たしたばかりでした。そしてこの日、名古屋演劇史上初となる同一演目での入場者数100万人を突破したのです。

カーテンコールでは、ムッシュー・アンドレ役・賀山祐介とムッシュー・フィルマン役・平良交一から100万人達成をご報告。さらに100万人目のお客様となった、京都府在住の梅原美穂(うめはら みほ)さん、佐伯崇洋(さえき たかひろ)さんカップルに、出演者からバラの花束が贈られました。

海外旅行の予定がトラブルでキャンセルとなり、国内旅行に変更した矢先に来場されたというお二人。
「音楽や衣裳が素晴らしくて、作品の世界観に引き込まれてしまいました。海外旅行が中止になったのはサプライズでしたが、今日はそれを上回るサプライズをいただきました」
と驚きと喜びを滲ませていらっしゃいました。

名古屋に最も愛されたミュージカル『オペラ座の怪人』に、どうぞこれからもご期待ください!

>>『オペラ座の怪人』名古屋公演 公演スケジュールはこちら


(撮影:堀 勝志古)

  • イメージ
    名古屋での通算入場者数100万人を達成した『オペラ座の怪人』
  • イメージ
    出演者を代表して100万人達成のあいさつをするムッシュー・アンドレ役・賀山祐介とムッシュー・フィルマン役・平良交一
  • イメージ
    客席はスタンディングオベーションとなり、熱い拍手が送られました
  • イメージ
    100万人目のお客様となったカップルに、出演者から花束をプレゼント
  • イメージ
    終演後、出演者と交流した梅原さん、佐伯さんカップル
  • イメージ
    お二人には出演者のサイン入りポスターが贈られました

演目情報

オペラ座の怪人

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ