過去のニュース記事

『クレイジー・フォー・ユー』関西エリア巡演中!

京都を起点に全国ツアーに出発した『クレイジー・フォー・ユー』が、再び関西に帰ってきました。
神戸公演翌日の10月30日(金)、カンパニーは休演日を利用して四季の社会貢献活動『美しい日本語の話し方教室』の開催や地元パブリシティの取材に応じました。

『美しい日本語―』の講師役を務めたのは中村伝、小野功司、相馬杏奈の3人。授業を行った「神戸市立竹の台小学校」の児童は、2日前に「こころの劇場」公演で『むかしむかしゾウがきた』を観たばかり。その御礼にと児童たちから俳優らに合唱のプレゼントが贈られ、心温まる交流の場となりました。

続いて志村 要、青羽 剛、平綿アンナの3名は、日頃から神戸公演に尽力いただいている「神戸新聞社」と「神鋼不動産」、「みなと銀行」の各社を表敬訪問。なかでも平綿は入団前に県内のダンススクールに通っていたことから温かい歓迎を受け、笑顔をこぼします。

最後に毎日新聞社のインタビュー取材に応じたのは滋賀県出身の新庄真一。来る11月7日(土)の彦根公演に向けての抱負を熱く語りました。

この後関西エリアでは、11月4日(水)奈良公演を実施。そして12月17日(木)からはフィナーレに向けて大阪公演(「大阪シアターBRAVA!」)が始まります。
笑いと幸せを運ぶ『クレイジー・フォー・ユー』。どうぞお見逃しなく!

>>『クレイジー・フォー・ユー』全国公演 公演スケジュールはこちら

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
    『クレイジー・フォー・ユー』神戸公演共催社「神戸新聞社」様を訪問した志村 要、青羽 剛、平綿アンナ
  • イメージ
    「こころの劇場」公演にご支援いただいている「神鋼不動産」様にて。
  • イメージ
    「こころの劇場」公演にご支援いただいている「みなと銀行」様にて。
  • イメージ
    毎日新聞社大津支局のインタビュー取材に応じる、滋賀県出身の新庄真一。

演目情報

クレイジー・フォー・ユー

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ