過去のニュース記事

D23 Expo Japan 2015に劇団四季が出演しました!

ディズニーファンイベント「D23 Expo Japan 2015」が11月6~8日の3日間、東京ディズニーリゾート内で開催され、最終日の8日(日)には劇団四季がそのステージに出演しました。
 
一方、舞浜アンフィシアターで7~8日に行われた「ディズニー・シアトリカル・グループ "ブロードウェイ&その向こうへ" 」には、ブロードウェイのミュージカルスター4人とともに、司会役として道口瑞之が出演。ショーの進行を務め、『アラジン』ジーニーの「理想の相棒―フレンド ライク ミー」を日本語で披露。ショービジネスの第一線で活躍する俳優たちと交流を深めました。
 
この大イベントのフィナーレとして開催されたのが、「劇団四季 ディズニーミュージカル・オン・ステージ」。東京の劇場で昼公演を終えて駆けつけた『ライオンキング』『リトルマーメイド』『アラジン』カンパニー、そして『美女と野獣』『アイーダ』の出演者たち、総勢106名が臨みました。
 
オープニングは『アラジン』より「オーヴァーチュア」、続いて「アラビアンナイト」でジーニー役の瀧山久志とあでやかな衣裳をまとったアンサンブルたちが登場。お客様をディズニーミュージカルの世界に招き入れ、その後も各演目からの名曲やダンスを次々と披露しました。
客席からは何度も驚きの声や手拍子が湧きあがり、巨大スクリーンに映し出される俳優たちの表情にくぎ付けになるお客様の姿がありました。
 
最後は「サークル・オブ・ライフ」(リプライズ)を『ライオンキング』カンパニーが力強く歌い上げるなか、作品の垣根を越えて全出演者が舞台や客席に登場。こうしてたった一度のスペシャルでゴージャスなイベントは、スタンディングオベーションの中で無事に終え、劇団四季のキャストやスタッフにとっても記憶に残るすてきな一夜となりました。
 

演目情報

アラジン

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ

美女と野獣

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ

ライオンキング

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ

リトルマーメイド

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ