過去のニュース記事

『ウェストサイド物語』演出家ジョーイ・マクニーリー氏が開幕に向け意気込みを語る!

来年2月14日に開幕する『ウェストサイド物語』東京公演の演出家を務めるジョーイ・マクニーリー氏が、12月2日(火)、都内ホテルで行われたマスコミ向け取材会で本作への意気込みを語りました!

会見に同席した劇団四季社長・吉田智誉樹から「この舞台は劇団四季にとって非常に大事な作品。今回の公演は四季の新体制による創作活動の出発点になる」と、新・劇団四季版『ウェストサイド物語』を兼ねてから親交の深いマクニーリー氏に託した経緯を説明。そのマクニーリー氏は前日に早くも出演候補者との稽古に臨んでおり、「非常に高い技術をもったダンサーが多くいることに感銘を受けました。彼らと一緒に仕事をするのが楽しみ。これから四季のためのスペシャルバージョンとして、新しい命と情熱を吹き込んでいく」と興奮気味に話します。

衣裳やセットなどビジュアル面でも進化を試みると語り、演出・振付助手を務める加藤敬二も「作品の魂を知るマクニーリー氏によって『ウェストサイド物語』が生まれ変わる場に携わることができて光栄」と与えられた使命の重さを深く受け止めている様子。

オリジナルの魂を受け継ぎながら、新演出に挑む『ウェストサイド物語』が来年2月、幕を開けます。その衝撃を、ぜひ劇場で体感してください!


>>『ウェストサイド物語』東京公演 公演スケジュールはこちら

>>マクニーリー氏による初日稽古のレポートはこちら

  • イメージ
  • イメージ
    ジョーイ・マクニ―リー氏
  • イメージ
  • イメージ
    ジョーイ・マクニーリー氏と加藤敬二

演目情報

ウェストサイド物語

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ