過去のニュース記事

浅利慶太プロデュース公演『ミュージカル李香蘭』が開幕しました

浅利慶太プロデュース公演『ミュージカル李香蘭』が、12月3日(木)、東京・自由劇場で開幕しました。

日中戦争のさなか、日本人でありながら、中国で一世を風靡した実在の歌姫・李香蘭の悲劇を描いた本作は、昭和の戦争の歴史を語り継ぐ作品として1991年に初演。その後中国、シンガポールでも上演し、国内外で高い評価を得ました。
浅利慶太プロデュース公演第2弾として好評のうちに終了した8~9月の上演に続き、早くもこの度の再演が実現。
今回の上演に向けて、演出家の浅利氏は語りました。

「私は今82歳で、この戦争の真っただ中に生まれてきました。戦争が終わったのは12歳のとき。爆撃の悲劇を知っています。今の人はまったく戦争を知らない。今の人たちにあの戦争はどういうものだったか、実感をもって知っていただきたい。リアリズムという言葉がありますが、この作品は歴史をリアルに描いています」

歴史の中の事実と真摯に向き合った本作のメッセージは、確実にお客様のもとへ届き、初日の客席ではあちらこちらですすり泣きの声が。そしてカーテンコールでは満場の拍手が起こりました。

戦後70年。戦争を知らない世代が増える中で、この作品が日本で起きた重大な歴史を知るきっかけ、考えるきっかけになればと祈り、舞台を届けます。
上演は12月9日(水)まで。皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。



>>『ミュージカル李香蘭』公式サイトはこちら

  • チケットのお求めはコチラ