過去のニュース記事

『ライオンキング』が日本上演17周年を迎えました!

12月20日(日)、東京・四季劇場[春]で上演中のミュージカル『ライオンキング』が日本上演17周年を迎え、特別カーテンコールを実施しました。
1998年に四季劇場[春]のオープニング作品として開幕し、以来、無期限ロングランを続けている本作。本日までの国内通算公演回数は実に10301回、観客動員数は1050万人を数えます。
東京公演では特別カーテンコールを行った他、出演者を代表してシンバ役の南晶人が、大阪公演でも同じくシンバ役の田中彰孝が、作品を愛し育んでくださったお客様へ、感謝の気持ちをお伝えしました。
またこの日の東京公演には、女優でフィギュアスケーターの本田望結さんが来場。終演後、舞台上で出演者と交流した本田さんは「本当に素晴らしかったです!昔一度観たことがあるので、「あ、このシーン!」と思い出しながら観ていました。俳優みなさんの歌声や、シンバの仲間を想う気持ちにも、とても感動しました。また観に来ます!」と感想をお話しくださいました。

18年目に突入した東京公演と、来年5月15日の千秋楽が決定した大阪公演。
前人未到の記録を更新し続けるミュージカルの王者『ライオンキング』は、これからも多くのお客様へ感動をお届けしてまいります!


>>『ライオンキング』東京公演 スケジュールはこちら
>>『ライオンキング』大阪公演 スケジュールはこちら

  • イメージ
    17周年のお祝いムードに包まれる東京・四季劇場[春]のロビー
  • イメージ
  • イメージ
    東京公演のカーテンコールで挨拶を述べるシンバ役の南晶人
  • イメージ
  • イメージ
    終演後に出演者と交流する本田望結さん
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
    大阪公演のカーテンコールで挨拶を述べるシンバ役の田中彰孝
  • イメージ

演目情報

ライオンキング

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ