過去のニュース記事

自由劇場で『エルコスの祈り』が開幕しました!

12月20日(日)、自由劇場にてファミリーミュージカル『エルコスの祈り』が開幕しました。
『エルリック・コスモスの239時間』として1984年に初演された本作。一般公演は2010年以来5年振り4度目、自由劇場では初の上演です。

舞台は今から50年後の未来に存在する「ユートピア学園」。
学校や親に見放された生徒たちは番号で呼ばれ、厳しい管理の下、個性や夢を持つことさえ許されない生活を送っていました。
そこにやってきたのが、人間の女の子そっくりのアンドロイド「エルリック・コスモス」、通称"エルコス"。人間が置き去りにしてきた美しい心を集めて作られたエルコスによって、生徒たちは生きる希望と夢を見出していきます。

初日の劇場はこの日を楽しみにされていたお客様やご家族連れで賑わいました。
まるで異世界へ誘われたかのようなファンタジックな舞台に、子どもたちだけでなく大人のお客様も時に笑い、時に涙を流していらっしゃいました。

カーテンコールでの温かな拍手と歌声、お見送りでの笑顔のハイタッチで開幕初日を飾った『エルコスの祈り』。
ぜひ年末年始は、エルコスの清らかな心に触れてみてください。

≫『エルコスの祈り』東京公演スケジュールはこちら

(撮影:阿部章仁、劇団四季)

演目情報

エルコスの祈り

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ