過去のニュース記事

『オペラ座の怪人』出演者が、中部国際空港のクリスマスイベントに登場しました

12月20日(日)、ミュージカル『オペラ座の怪人』名古屋公演の出演者が、中部国際空港(セントレア)のクリスマスイベントに登場しました。

このイベントを記念して、中部国際空港のマスコットキャラクター「なぞの旅人フー」が"怪人"に変身するというサプライズも。怪人役の佐野正幸、ラウル役の鈴木涼太、クリスティーヌ役の久保佳那子が舞台衣裳で登場し、その除幕式を行いました。
幕を引くと、仮面やマントをつけた高さ3.6mを超える怪人「フー」が出現。イベント終了直後から、記念撮影を楽しむお客様の列が途切れることはありませんでした。

除幕式後の「クリスマススペシャルイベント」では『オペラ座の怪人』の劇中ナンバーより、「The Phantom of the Opera」や「The Music of the Night」、「All I Ask of You」などを披露。空港が、パリ・オペラ座の世界に包まれます。イベントの最後には3人からクリスマスソングがプレゼントされました。

『オペラ座の怪人』名古屋公演は現在、2016年4月10日(日)公演分まで発売中です。オペラ座の怪人と、怪人「フー」に会いに、ぜひ劇場と空港に足をお運びください。

≫『オペラ座の怪人』名古屋公演スケジュールはこちら

(撮影:堀 勝志古)

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
    空港には約700人のお客様が訪れました
  • イメージ
    オペラ座の怪人に扮した中部国際空港のマスコットキャラクター「なぞの旅人フー」

演目情報

オペラ座の怪人

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ