『オペラ座の怪人』横浜公演 2017年3月開幕!――製作発表会見が行われました

mt_title_pha_160523_v3.jpg


本日23日(月)、横浜市内で製作発表会見が行われ、2017年3月より「KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>」(横浜市中区)を会場に、ミュージカル『オペラ座の怪人』の上演が発表されました。
横浜での公演は、2009年から2012年まで上演したミュージカル『キャッツ』以来4年振り。同劇場での劇団四季の公演は初となり、同年8月まで5ヵ月程度の上演を予定しています。

会見には神奈川県知事・黒岩祐治氏と、劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹が登壇。
『オペラ座の怪人』横浜公演への意気込みを語りました。


神奈川県知事・黒岩祐治氏
「神奈川県では、文化や芸術で人を引きつける"マグカル(マグネット・カルチャー)"という取組を推進しています。今回、 横浜に拠点を置く四季が、KAAT神奈川芸術劇場で上演されることはこうした取組に合致しており、有難い。『オペラ座の怪人』は大がかりな舞台装置が必要な作品なので、様々なニーズに対応できる創造型劇場・KAATにふさわしい。『キャッツ』以来4年ぶりに劇団四季の長期公演が横浜で実現することを楽しみにしています」

劇団四季代表・吉田智誉樹
「四季が"新しいチャレンジ"に選んだのは、広く人々を魅了するドラマと音楽性があり、上質な大人の作品として横浜の街の雰囲気にぴったりな『オペラ座の怪人』。KAAT神奈川芸術劇場のテーマのひとつに「まちをつくる 賑わいの創出」というものがありますが、このテーマや芸術文化、ひいては観光や経済の発展に微力ながら貢献したいと考えています」


『オペラ座の怪人』は、1988年の日本初演以来、総公演回数は6,600回以上、上演回数としては『ライオンキング』『キャッツ』に次ぐ国内第3位と、指折りの人気作です。
甘美な音楽と豪華絢爛なステージでお届けする四季の代表作『オペラ座の怪人』横浜公演に、ぜひご期待ください。

≫『オペラ座の怪人』作品紹介はこちら



<ミュージカル『オペラ座の怪人』横浜公演 概要>

□開幕:2017年3月予定

□チケット発売:2016年11月

※開幕日、詳しいチケット発売日、初回販売分日程につきましては、決定次第お知らせいたします。

□会場:KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>(神奈川県横浜市中区山下町281)



(撮影:下坂敦俊)

  • イメージ
    神奈川県知事・黒岩祐治氏(右) 劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹(左)
  • イメージ

演目情報

オペラ座の怪人

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ