ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

『オペラ座の怪人』名古屋公演千秋楽――新名古屋ミュージカル劇場から名古屋四季劇場へ――

8月21日(日)、『オペラ座の怪人』名古屋公演が千秋楽を迎えました。
名古屋では実に4度目の再演となり、今公演中に名古屋での通算来場者数100万人突破の記録を打ち立てるなど、お客様に熱く愛されてきた本作。そして、この日をもって、新名古屋ミュージカル劇場も17年の歴史に幕を降ろしました。
カーテンコールでは、特別な想いを胸に来場された大勢のお客様が、最後のときを惜しむように総立ちとなり、割れんばかりの拍手が送られ続けました。幸福な熱気と一体感に満ちた劇場空間。誰もが今日までの日々を思い、喝采を送っているようでした。

続く名古屋での新たな拠点として、名駅南エリアにオープンする名古屋四季劇場。10月16日(日)、『リトルマーメイド』にてその幕を開けます。期待高まる中、早くも来年6月までの延長公演が決定。心弾む名曲と極彩色の舞台で繰り広げられる、驚きと興奮に満ちた海の世界にご期待ください。
また、『オペラ座の怪人』は、来年3月から横浜での公演が決定しています(KAAT神奈川芸術劇場)。チケット発売は11月予定。こちらもどうぞお楽しみに!


>>『リトルマーメイド』名古屋公演チケット&スケジュールはこちら

>>『リトルマーメイド』名古屋公演スペシャルサイトはこちら

>>『オペラ座の怪人』作品紹介はこちら

(撮影:堀 勝志古)
『オペラ座の怪人』千秋楽、そして新名古屋ミュージカル劇場がフィナーレを迎えた一日。

『オペラ座の怪人』千秋楽、そして新名古屋ミュージカル劇場がフィナーレを迎えた一日。

劇場には、開場前から大勢のお客様が。

劇場には、開場前から大勢のお客様が。

ご来場のお客様全員に、千秋楽記念カードをプレゼントしました。

ご来場のお客様全員に、千秋楽記念カードをプレゼントしました。

お客様からの思い出の写真で構成されたモザイクアートや、出演者からの直筆メッセージボードで彩られたロビー。

お客様からの思い出の写真で構成されたモザイクアートや、出演者からの直筆メッセージボードで彩られたロビー。

多くのお客様で賑わうロビーの様子。

多くのお客様で賑わうロビーの様子。

緞帳に大きなバラのモチーフが映し出され、特別カーテンコールが始まります。

緞帳に大きなバラのモチーフが映し出され、特別カーテンコールが始まります。

出演者全員による「マスカレード」特別バージョンなどを披露した千秋楽特別カーテンコール。

出演者全員による「マスカレード」特別バージョンなどを披露した千秋楽特別カーテンコール。

出演者全員で、いつまでも続くお客様からの喝采に応えました。

出演者全員で、いつまでも続くお客様からの喝采に応えました。

終演後もなお、名残惜しそうに劇場外にとどまる多くのお客様に見守られ、新名古屋ミュージカル劇場は17年の歴史に幕を閉じました。

終演後もなお、名残惜しそうに劇場外にとどまる多くのお客様に見守られ、新名古屋ミュージカル劇場は17年の歴史に幕を閉じました。

PAGE TOP