『リトルマーメイド』名古屋公演開幕に向けて――フライング稽古が行われました!

ミュージカル『リトルマーメイド』名古屋公演開幕まで一週間余りに迫った10月7日、いよいよキャストが名古屋四季劇場へ入り、舞台稽古が始まりました。

『リトルマーメイド』では、海中を泳ぎ回る人魚の動きを表現するために、フライング技術が駆使されています。俳優たちにとって、両足で舞台に立ち、歌い踊るのとは勝手の違うパフォーマンスです。
今回の舞台稽古に合わせて、フライングデザイン・振付スタッフのポール・ルービン氏が来日。俳優、スタッフらと細かい確認作業を行いました。

「フライング」とはいえ、舞台の上で「飛んでいる」のではなく「泳いでいる」ように見せるために――ときに水圧を、ときに優美さを感じさせる身体の動きや、それを際立たせる照明を追求し、調整を重ねていきます。

フライングや舞台機構の動き出しの合図となるのが「きっかけ」。『リトルマーメイド』本編中には、実に1,000を超える「きっかけ」が存在します。さらに、フライングの動作はキャラクターによって様々。膨大な数の動きでも舞台をスムーズに進行するため、フライングシステムは全編コンピュータでプログラミングされています。

フライングシステムと俳優、スタッフの動きが一体となって生み出される、優雅で軽やかな水中世界。それはまさに、機械技術と人の力を結集した、全く新しい舞台空間です。
「名古屋のお客様には、この舞台を観て"初めての経験"を味わっていただけると思います」
稽古を見守ったルービン氏は、自信に満ちた表情で語ってくれました。

10月16日(日)の開幕を、どうぞお楽しみに!


>>『リトルマーメイド』名古屋公演チケット&スケジュールはこちら
 ※今からのご予約は、来年2月以降の公演がおすすめです!
>>『リトルマーメイド』作品紹介はこちら
>>名古屋公演スペシャルサイトはこちら

  • イメージ
    一日を通してフライングに関係する様々なシーンを確認。ドラマチックな海中世界はこうして作られていきます
  • イメージ
    身体の傾け方や角度にも注意を払い、最適なポジションを確認します。写真奥はフライングデザイン・振付スタッフのポール・ルービン氏
  • イメージ
    1幕冒頭、アリエルとフランダーのフライング動作を確認中
  • イメージ
    客席に組まれたテーブルから、舞台全体を確認するスタッフ
  • イメージ
    さらに美しく魅力的なパフォーマンスを目指して、舞台稽古は続きます

演目情報

リトルマーメイド

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ