『キャッツ』東京公演続報――「キャッツ・シアター」完成予想図、公開!

2018年夏より、東京・大井町での上演が決定しているミュージカル『キャッツ』東京公演。
この公演のために特設される新劇場「キャッツ・シアター」の完成予想図が完成しました。

170727CATS_170615.jpg

四季劇場[夏]の向かいに誕生する「キャッツ・シアター」。
劇場の手前から延びる歩行者デッキを進むと、2階に設けられたエントランスに繋がっています。
そして、一歩劇場へ足を踏み入れれば、視界に広がる都会のゴミ捨て場。猫の視線から見たゴミを表す巨大な舞台美術の数々が、お客様を"キャッツ・ワールド"へと導きます。

アリーナ形式の客席は1階のみで、総席数約1,200席を予定。
2009~2011年に横浜公演を行った「キヤノン・キャッツ・シアター」と同様、舞台を半円型に囲むように設置され、最後列から舞台までの距離の近さも魅力の一つです。

また、「キャッツ・シアター」の大きな特徴のひとつが、客席前方に設けられる「回転席」。
横浜公演などでも設置されたこの特別席は、ステージとともに回転し、舞台との一体感と迫力を味わうことができる特に人気の席です。
今回新設される劇場にも、この「回転席」が設置される予定になっています。

『キャッツ』は現在、大阪四季劇場で上演中。2018年5月に千秋楽を迎えたのち、東京・大井町へとやって来ます。
2018年11月11日には、日本初演35周年を迎える『キャッツ』。その節目の年に誕生し、ジェリクルキャッツたちの新たな棲み家となる、新「キャッツ・シアター」建設の様子は、当オフィシャルウェブサイトや劇団四季公式SNS(Twitter/Instagram)にてお届けしていきます。
ぜひ、今後の情報もチェックしてみてくださいね。

>>『キャッツ』作品紹介はこちら

>>劇団四季公式ツイッターアカウントはこちら

>>劇団四季公式インスタグラムアカウントはこちら

演目情報

キャッツ

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ