『オペラ座の怪人』広島公演に向けた稽古が行われています!

8月中旬に横浜で盛況のうちに幕を降ろしたミュージカル『オペラ座の怪人』。次なる公演地・広島での開幕に向けて、稽古がスタートしました。

四季芸術センターの稽古場に集った出演候補キャストたちは、約4ヶ月半に及ぶ横浜公演で作品と向き合い続けてきた濃密な時間をそのままに、早速シーンを通しての稽古に臨みます。
まずは1幕、2幕をそれぞれ通し、翌日以降の稽古で取り組むべき課題を見出していく、演出スーパーバイザーの北澤裕輔とキャストら。
めくるめく壮麗な音楽とともに物語が進む本作では、その音楽を緻密に表現することが欠かせません。
フレージングやテンポの一つひとつに意味を持たせるよう意識すること、リズムをメトロノームのように正確に刻むこと、音程を正確に取り、言葉を最後までしっかり届けること。こうして細部を磨き上げることで、美しく構成された楽曲がパズルのようにぴったりと組み合わさり、観る者を深い愛の迷宮へと誘う壮大な物語が、姿を現すのです。


『オペラ座の怪人』広島公演は、いよいよ9月14日(木)開幕。
現在、11月5日(日)公演分までのチケットを発売中です。さらに11月7日(火)以降の延長公演と、11月19日(日)の千秋楽が決定。
千秋楽までの延長公演分は9月16日(土)「四季の会」会員先行予約開始、24日(日)一般発売開始。この機会をどうぞご利用ください。

>>『オペラ座の怪人』作品紹介はこちら
>>『オペラ座の怪人』広島公演チケット&スケジュールはこちら

演目情報

オペラ座の怪人

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ