日産労連クリスマスチャリティー公演、通算公演1,000回達成!

11月13日(月)、日産労連NPOセンター「ゆうらいふ21」主催によるクリスマスチャリティー公演が、新潟市で通算公演1,000回を達成しました。

この公演は、「ハンディキャップをお持ちの方々に、いつまでも思い出に残る本物の舞台を見てもらいたい」という思いから、日産労連組合員が毎月100円ずつ積み立てた「福祉基金」と多くの会員の皆様のご支援で行われているもの。1976年以来42年間、毎年11~12月のクリスマスシーズンに全国各地で四季のファミリーミュージカルを上演し、本日までにのべ4万4千施設、127万人もの方をご招待してきました。
組合員の皆さんがボランティアとして、当日の舞台設営や来場者誘導などの運営に携わることも、大きな特徴のひとつです。

今年のクリスマスチャリティー公演の上演作品は、『嵐の中の子どもたち』。
嵐に襲われた村で、仲間と助け合いながら希望を持って生きていく子どもたちの冒険物語を、お客様は一心に見つめ、思い思いに楽しまれていました。
カーテンコールでは、約800人のお客様と俳優たちが声を合わせ、劇中歌「すてきな仲間」を歌いました。

また終演後のロビーでは、俳優たちがお客様をお見送り。
冒険の旅を終えて、笑顔で会場を後にするお客様と手を振り合ったり、握手をしたりと、たくさんの温かな交流が生まれました。

大きな節目を迎えたクリスマスチャリティー公演。今年は、12月19日(水)東京・府中公演まで、全国計22都市で上演します。
カンパニー一同、この活動の大きな意義を胸に、今後も全国各地の皆さんに思い出に残る舞台をお届けしてまいります。

>>劇団四季の社会貢献活動はこちら

  • イメージ
    朝早くからの舞台設営作業にボランティアスタッフとして参加された、日産労連組合員の皆様
  • イメージ
    開場前には車椅子講習が行われ、来場者の誘導に備えます
  • イメージ
    開演前の俳優ミーティングに駆け付けた劇団四季代表取締役社長 吉田智誉樹が、クリスマスチャリティー公演の意義について語りました。節目の時に舞台に立つ俳優たちも表情を引き締めます
  • イメージ
    開場の様子
  • イメージ
    サンタとトナカイが来場者をお出迎え
  • イメージ
  • イメージ
    開演前に舞台上では、日産労連会長 郡司典好氏(写真左)より「この活動の輪をより一層地域社会へ広め、日本の福祉に貢献していきたい」とのご挨拶がありました
  • イメージ
    郡司会長から吉田へ、1,000回の感謝を込めて花束が贈呈されました
  • イメージ
    カーテンコールの様子
  • イメージ
  • イメージ
    終演後、俳優たちによるお見送りの様子
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

演目情報

嵐の中の子どもたち

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ