【動画追加】『リトルマーメイド』大阪公演、2018年10月開幕!――製作発表会見が行われました

本日11月27日(月)、大阪市内にてディズニーミュージカル『リトルマーメイド』の製作発表会見が行われ、2018年10月13日(土)より大阪四季劇場(大阪市北区)にてロングラン上演することを発表しました。

『リトルマーメイド』は、ディズニーと四季の提携第4弾作品。2013年東京で初演を迎え、現在は名古屋と福岡の2劇場で同時上演しています。
自らの意思で未知の世界へと勇気を持って進んで行く人魚姫・アリエル。彼女の恋と冒険の物語は、多くの人々の共感を呼び、これまでの総入場者数は200万人以上。圧倒的な幸福感を届けてきました。

会見には、共同主催である阪神電気鉄道株式会社代表取締役社長・秦雅夫氏、劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹と、『リトルマーメイド』出演経験者の三平果歩(アリエル役)、飯野おさみ(セバスチャン役)が登壇。
関西初上演に向けて、意気込みを語りました。

阪神電気鉄道株式会社代表取締役社長・秦雅夫氏
先日、名古屋公演を拝見した際、小さな女の子がアリエルの扮装をして観劇している光景を見て、この作品は小さなお子様にも楽しむことができるミュージカルなのだと実感しました。
この人魚姫の物語が、大阪に活気をもたらしてくれることを期待しています。

劇団四季代表取締役社長・吉田 智誉樹
関西のお客様から『リトルマーメイド』の上演リクエストを多くいただいており、やっとその期待にお応えすることができます。現在上演中の『キャッツ』も大変ご好評をいただいておりますが、様々な作品の感動をお届けするため、『リトルマーメイド』の上演を決定しました。

劇団四季・三平果歩(大阪府 泉大津市出身)
夢に向かって一生懸命に生きるアリエルの姿に自分自身を重ね、成長させてもらっています。魅力あふれる舞台を皆様にお届けできるよう、より一層努力を重ね、稽古に励んでまいります。

劇団四季・飯野おさみ
セバスチャンが歌う「アンダー・ザ・シー」は、皆様も一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。海の世界の素晴らしさを伝える楽しいこの曲とともに、最高にハッピーな時間を、皆様にお届けしたいと思います。

会見の終盤では、劇中ナンバー「パート・オブ・ユア・ワールド」と「アンダー・ザ・シー」を披露し、会場を海の世界へと誘いました。

『リトルマーメイド』は、現在上演中の名古屋公演が2018年8月26日(日)に千秋楽を迎えた後、ミュージカル『キャッツ』(2018年5月6日(日)千秋楽)、その後の『ソング&ダンス 65』(2018年6月17日(日)~8月19日(日))に続く、大阪四季劇場での上演12作品目としてやってきます。
劇場が愛と希望の海へと変わるその日まで、どうぞお楽しみに!

<『リトルマーメイド』大阪公演概要>


□公演日程: 2018年10月13日(土)開幕
□会  場: 大阪四季劇場 (大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 7階)
□発売日程(予定):
2018年6月23日(土) 「四季の会」会員先行予約開始
2018年6月30日(土) 一般発売開始

※日程、および料金の詳細につきましては、決定次第、当オフィシャルウェブサイトにてお知らせします。

(撮影:中島仁實)

  • イメージ
    『リトルマーメイド』大阪公演製作発表会見に登壇した4名(右から 阪神電気鉄道株式会社代表取締役社長・秦雅夫氏、飯野おさみ、三平果歩、劇団四季代表取締役社長・吉田 智誉樹)
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

『リトルマーメイド』大阪公演製作発表会見の様子

演目情報

リトルマーメイド

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ