『ソング&ダンス 65』東京公演、千秋楽!――2018年は全国ツアーへ

11月26日(日)、『ソング&ダンス 65』東京公演(自由劇場)が、千秋楽を迎えました。

2018年に劇団創立65周年を迎えることを記念して製作された『ソング&ダンス 65』。
「劇団四季の誕生と未来」をコンセプトに綴った今回の『ソング&ダンス』シリーズ最新作には、開幕前から注目が集まり、発売開始からわずか1ヵ月足らずでチケットが完売。劇場は連日多くのお客様で賑わいました。

千秋楽のこの日も、まさに新たな一歩を踏み出すように、エネルギッシュなパフォーマンスが繰り広げられ、カーテンコールでは、終演の時を惜しむように、割れんばかりの拍手が送られました。

東京公演は千秋楽を迎えましたが、2018年4月からは全国公演が始まります!
そのうち、4~5月に首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)で行う公演は、12月16日(土)からは「四季の会」会員先行予約が、12月23日(土・祝)からは順次一般発売が始まります。
ぜひお近くの劇場で、この感動と興奮のステージをお楽しみください!

>>『ソング&ダンス 65』首都圏公演スケジュールはこちら

>>『ソング&ダンス 65』全国公演マップはこちら

  • イメージ
    拍手と歓声に包まれたカーテンコール。
  • イメージ
  • イメージ
    開演間際まで多くのお客様で賑わっていたロビー。キャストボードを写真に収めたり、グッズをご購入されたり、思い思いの時間を過ごしていらっしゃいました。
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
    最後に、飯田洋輔が「2018年4月からは、皆様の街にお邪魔します!」と挨拶すると、スタンディングオベーションとなった客席から万雷の拍手が送られました。

演目情報

ソング&ダンス

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ