『アラジン』キャストが「MUFG Gives Back 2017 東京 イベント」にて劇中ナンバーとクリスマスソングをお届けしました!

11月28日(火)、東京・丸の内にある商業施設「KITTE」で行われた「MUFG Gives Back 2017 東京 イベント」に、劇団四季がスペシャルゲストとして出演。『アラジン』のキャストが劇中ナンバーを披露しました。

このイベントは、四季の社会貢献活動「こころの劇場」(※1)の特別協賛社である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が取り組まれている活動「MUFG Gives Back」(※2)の一環として行われたもの。昨年に引き続き、四季は2度目の参加となりました。

今回、スペシャルゲストとして登場したのは『アラジン』キャストより、アラジン役・島村幸大とジャスミン役・岡本瑞恵、ジーニー役・瀧山久志の3名。真っ白なクリスマスツリーの下に特設されたステージで、劇中ナンバー「フレンド ライク ミー」と「ア ホール ニュー ワールド」を披露しました。

会場にはイベントを心待ちにされていたお客様をはじめ、構内を行き交う人々も次々と足を止め、地上5階までの吹き抜けに、ぐるりと観覧の方々が囲まれます。熱い視線が注がれる中パフォーマンスを終えると、歓声と拍手に包まれました。
また、イベントの最後には、キャスト3名が軽やかなハーモニーを響かせながら、「ジングルベル」を歌唱。ひと足早い、クリスマスプレゼントをお届けしました。

ディズニーミュージカル『アラジン』は、電通四季劇場[海](東京・汐留)で上演中。現在、2018年12月31日公演分までのチケットを発売中です。
すべての観客を魅了する圧倒的なステージを、ぜひご覧ください!

>>『アラジン』チケット&スケジュールはこちら

(※1)「こころの劇場」は、全国の子どもたちを無料で劇場へ招待するプロジェクトです。「生命の大切さ」や「人を思いやる心」など、生きる上での大切なことを、舞台を通じて語りかけたいという思いから発足しました。
一般財団法人舞台芸術センターと劇団四季が企画し、この主旨にご賛同いただいた多くの企業や行政のご協力を得て実現しています。

(※2)「MUFG Gives Back」は、MUFGによるCSRの取り組みです。東日本大震災で日本が世界中から受けた支援に対する感謝の気持ちを伝えるための活動として、2013年より実施されています。

  • イメージ
    左より、島村幸大(アラジン役)、岡本瑞恵(ジャスミン役)、瀧山久志(ジーニー役)。 島村は、自身も出演者として参加経験のある「こころの劇場」の活動について、「子どもたちが目を輝かせながら純粋な心で観劇してくれた」と、その時の印象を紹介。
  • イメージ
    会場から大きな手拍子が送られるなか、「フレンド ライク ミー」を熱唱する瀧山久志。
  • イメージ
    ライトアップされた美しいクリスマスツリーの下で、アラジンとジャスミンのナンバー「ア ホール ニュー ワールド」を歌う島村幸大(右)と岡本瑞恵(左)。会場はたちまちロマンチックな雰囲気に。
  • イメージ
    最後には3人からのクリスマスプレゼントとして、「ジングルベル」を歌唱。
  • イメージ
    会場は地上から吹き抜けの最上階まで、およそ800名のお客様が観覧され、賑わいをみせました。
  • イメージ
    イベント「MUFG Gives Back」の主催社 MUFGの吉川英一国際事業本部長(右から2番目)と高瀬英明国際企画部長(左から2番目)を囲んで。

演目情報

アラジン

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ