『ライオンキング』札幌公演 大丸札幌店にてトークショーを開催しました!

12月2日(土)、大丸札幌店においてトークショーが開催され、『ライオンキング』札幌公演出演者が登場しました。

トークショーに臨んだのは、シンバ役・田中彰孝と、プンバァ役・川辺将大(旭川市出身)。
作品の魅力について聞かれると、田中は「『ライオンキング』初演はアメリカ・ブロードウェイですが、動物の表現には、文楽などの日本の伝統芸能の要素が取り入れられているんです」と紹介。その他にも、川辺がティモンとプンバァの話す公演地ごとの方言や、アフリカの言語の意味などについて実演を交えて解説すると、お客様は興味深そうに耳を傾けていらっしゃいました。

『ライオンキング』札幌公演は最終延長公演分(2018年2月28日(水)~5月27日(日))を、12月17日(日)より発売します(「四季の会」会員先行予約:12月9日(土)より)。
また、12月9日(土)には、「イオンモール札幌発寒」にて『ライオンキング』スペシャルイベントを開催(当日午前9時より、イオンモール札幌発寒「D入口」にて、先着40名様に着席整理券を配布)するほか、12月20日(水)には日本初演19周年を迎えることを記念し、ご来場のお客様にささやかなプレゼントをお渡しします。
さらに、12月20日(水)~12月24日(日)の公演では、「クリスマス特別カーテンコール」を実施!
札幌の地でサバンナのクリスマスを体験できる最後のチャンスです。
この機会に、ぜひ劇場へ足をお運びください。


>>『ライオンキング』札幌公演スケジュール&チケット予約はこちら

>>『ライオンキング』札幌公演イベント情報はこちら

>>『ライオンキング』札幌公演スペシャルサイトはこちら

  • イメージ
    『ライオンキング』の魅力を語ったプンバァ役・川辺将大(右)、シンバ役・田中彰孝(中央)。
  • イメージ

演目情報

ライオンキング

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ