『オペラ座の怪人』京都公演が開幕しました!―荘厳な愛の迷宮が、古の都へ―

12月27日(水)、ミュージカル『オペラ座の怪人』京都公演が、京都劇場にて開幕しました。

パリ・オペラ座の地下に棲む"怪人"が巻き起こす、悲しいまでの愛の物語。
"現代のモーツァルト"アンドリュー・ロイド=ウェバー(『キャッツ』『エビータ』他)による荘厳な音楽と、19世紀パリ・オペラ座を忠実に再現した豪華絢爛な舞台美術や衣裳が、観る者を甘美で妖しい世界へ誘います。
歌姫・クリスティーヌを愛した怪人、彼に音楽の才能を見出されるクリスティーヌ、そして彼女に愛を誓う子爵・ラウル。三者の運命が複雑に絡み合い、物語は衝撃のラストへ――。本作6年ぶりとなる京都公演初日の幕が降りると、満員の客席は熱い拍手に包まれました。

『オペラ座の怪人』京都公演は、来年5月20日(日)までの期間限定上演。直近の公演は空席わずかにつき、ご予約は4月以降がおすすめです。
また、京都公演の後は、来年7月より静岡、10月より仙台での上演が決定しています。
世界中の人々を魅了し続け、来年は日本上演30周年の節目へ。古の都で花開く珠玉の舞台を、どうぞお見逃しなく。

>>『オペラ座の怪人』作品紹介はこちら
>>チケット&スケジュールはこちら
12月29日(金)公演分より、これまで販売を見合わせていた席を追加発売いたします。>>くわしくはこちら


撮影:野田正明、寒者恵二郎、劇団四季(舞台写真は前日の公開舞台稽古より)

  • イメージ
    スタンディングオベーションとなった初日のカーテンコール
  • イメージ
    開場とともに多くのお客様がご来場
  • イメージ
    グッズ売店も賑わいます
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

演目情報

オペラ座の怪人

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ