『アラジン』公開稽古&取材会レポート

5月24日(日)の開幕まで約1カ月となった4月28日(火)、あざみ野・四季芸術センターにて公開稽古&合同取材会が開催され、メディア関係者の前でパフォーマンスが初披露されました。

  • 公開稽古
  • 作品の見所
  • それぞれの役について
  • 公開稽古

    「サッラーム、そしてこんばんは――」

    詰めかけた記者の前で最初に披露されたのは、物語の冒頭を飾るオリエンタルなナンバー「アラビアン・ナイト」。ディズニーアニメーションのオーバチュアとしてもお馴染みですが、大幅にパワーアップしたミュージカルでは、いきなり度胆を抜かれることでしょう!

    アンサンブルのダンサー陣が目まぐるしいほどエネルギッシュなダンスで目を奪ったかと思えば、アラジン・ジーニー・ジャスミン・サルタン国王・ジャファー・イアーゴ、そしてミュージカルオリジナルの3人のアラジンの親友バブカック・オマール・カシームと、メインキャストがずらり!

    まるでクライマックスかと錯覚するほど豪華でハイテンションなパフォーマンスは、異国情緒豊かな幻想の世界へと一気に観客を引き込み、幕開きからショーストップナンバーとなるほどの白熱ぶり。その証拠に、一度通しただけでダンサー陣の体からは滝のような汗が噴き出し、稽古場の床を黒く染めていきました。

    その様子に、稽古を指揮する演出補のスコット・テイラー氏は満足気な表情を浮かべながら、さらにこんなアドバイス。

    「冒頭のナンバーとして登場人物や物語の舞台、世界観を伝えるだけでなく、何より『これから素晴らしいショーが始まるぞ!』、『皆さん、心の底から楽しもう!』といったメッセージと“場の空気”を体全体を使って発信すること。観客を圧倒して、びっくりさせなくてはいけない。このナンバーで、劇場全体がクリスマスの子供のようなワクワクした気持ちに包まれるんだ!」

    ダンス・スーパーバイザーのマイケル・ミンドリン氏も、自ら手本を示しながらダンスの切れ味と美しさに磨きをかけ、稽古は2曲目の「バブカック・オマール・アラジン・カシーム」へ。

    このアラジンの親友3人組は、ディズニーアニメーション以前の原案段階から構想に組み込まれていたキャラクター。それだけに、食いしん坊だけど実は賢いバブカック、繊細で詩人肌のオマール、キザでリーダー格のカシームの3人とアラジンの相性は抜群で、物語にさらなる奥行きを与えています。心まで踊りだすようなキャッチーでリズミカルなナンバーに、思わずスコット氏がストップをかけ忘れるほど。

    ディズニーミュージカルの中でも「ミュージカル・コメディ」という新境地に挑む『アラジン』ですが、まさに「魔法」のような、今まで誰も見たこともない舞台となる予感に満ちた稽古となりました。

    撮影:上原タカシ

  • 公開稽古終了後の合同取材会には、スコット・テイラー氏、マイケル・ミンドリン氏に加え、アラジン役の島村幸大、厂原時也、ジーニー役の道口瑞之、瀧山久志、ジャスミン役の岡本瑞恵、三井莉穂が出席。

    開幕に向けて、作品の見所と意気込みを語りました。

    作品の見所

    ―この作品の一番の見所は?

    「すべての人に感動を味わってもらえる舞台であることです。ブロードウェイのお客様は、『自分の望んだすべてのものが盛り込まれていた!』と仰ってくれる。俳優、衣裳、セット、照明など、すべてに価値があるということです。だからこそ、皆さんの感想こう続きます。『付き添いのはずの夫が夢中になって楽しんでいたわ』と(笑)」(スコット氏)

    「アラジン、ジーニー、ジャスミンだけでなく、登場するすべてのキャラクターに人生の旅路があります。その旅路を客席にいる皆さんが一緒に辿り、冒険と感動を味わっていただける物語に仕上がっています」(ミンドリン氏)

    ―劇団四季オリジナルの要素は?

    「もちろん! ですが、“ディズニーマジック”、そして“四季マジック”は、魔法だからこそ秘密にしなければなりません。ただし、ブロードウェイよりもプラスアルファされた舞台であることだけは保証します」(テイラー氏)

    ―劇団四季の俳優たちの印象は?

    「以前にも『コンタクト』で来日しており、劇団四季で満足する仕事ができることは分かっていました。この話をするといつも感情が高ぶってしまうのですが、これほど舞台に真摯で熱心なプロダクションは他にありません。稽古場や劇場の設備はもちろん、俳優たちも素晴らしいアーティストの集団です」(テイラー氏)

    「彼らの誠実さとひたむきさは、驚くべきことです。作品を一緒に作り、成長していくことができて誇りに思います」(ミンドリン氏)

    ―日本ならではのジーニーとなる?

    「(ブロードウェイのオリジナルキャスト)アイグルハートの再現は誰にもできないし、模倣するのは間違った道です。そもそもジーニーのキャラクターは、アニメーションのはるか前からハワード・アッシュマンとアラン・メンケンによって練り上げられており、そのイメージを持った日本ならではのジーニーが登場すればよいのです。ジーニーのイメージとは『本物であること』、『温か味があること』、そして『子供のような純粋さを持っていること』。その意味で、皆さんには日本にしかいない“本物のジーニー”をお見せすることになるでしょう」(テイラー氏)

    ―ミュージカルの構想はディズニーアニメーションよりも先にあったそうですね。

    「『アラジン』の原案は、1920~30年代の『コットン・クラブ』のようなナイトクラブ、ボードヴィル・ショーを原点としており、そのひとつの表現がディズニーアニメーションであったわけです。
    今回のミュージカルはその舞台化というよりも、原案に忠実なもうひとつの表現。つまり、より原案のイメージに近い、オリジナルな作品といえるでしょう。
    ディズニーアニメーションでカットされたナンバーや演出が完璧な形で仕上げられ、それら失われたパーツが埋まることでミュージカル『アラジン』は完成しました。もしハワード・アッシュマンが生きていたら、この舞台を観て誇りに思うことでしょう」(テイラー氏)

    ―ダンスの振付について

    「ブロードウェイとまったく同じ振付を再現しています。ムーヴだけでなく、衣裳や照明まで、1000年以上の歴史を持つアラブの伝統と文化を取り入れているので、存分にその魅惑的な世界を楽しんでいただけると思います」(ミンドリン氏)

    撮影:上原タカシ

  • それぞれの役について

    アラジン役

    「最初はキャラクター探しをして自分を見失っていましたが、周囲のキャラクターが個性的な分、自分がまっすぐ誠実にあれば、自ずとアラジンという青年が浮かび上がってくるのだと気がつきました。とても華やかなステージなので、そこに委ねてドラマの中身を損なわないように、丁寧に演じていきたいと思います」(島村)

    「僕も『今の自分じゃダメだ!』と大分背伸びをしました。ですが、稽古の中でテイラー氏やミンドリン氏からアドバイスをいただき、自分に正直にアラジンという役を生きることを学びました。これからもブレずに、稽古を重ねていきます!」(厂原)

    ジーニー役

    「コメディ色の強い作品ですが、そこにはアラジン、ジーニー、ジャスミンがそれぞれの自由を得るまでのドラマがあります。その物語性を大切に、お腹を抱えて笑った後で、最後は涙で終われるように。これまでの俳優人生を懸けて、感動の数ではブロードウェイに絶対負けない舞台にします!」(道口)

    「ずっとクラシックの世界を歩んできましたが、今回は初めてのコメディ。実は、もともと僕自身、そうした“お祭り”のような賑やかな空気が肌に合う人間なんです。自分の本質に近い役をいただいたので、今まで抑えてきたものをすべて出して、全力でジーニーに挑みたいと思います」(瀧山)

    ジャスミン役

    「テイラー氏から『ジャスミンは自分自身だけでなく、女性全体の権利や願望を体現する存在なんだ』とアドバイスをいただきました。すべての女性が共感できる存在、そして男性が多い舞台の中でしっかりと花を添えることができる存在になれればと思います」(岡本)

    「入団以来の大役でとても緊張しています。非常にエネルギッシュな作品の中で、そこに埋没して流されることなく、凛として立つジャスミンを目指していきます」(三井)

    手応え十分!という笑顔でフォトセッションに並んだスタッフ・キャスト陣。

    今年の演劇界を席巻するであろう最新ミュージカル『アラジン』は、開幕まであとわずか!
    期待に胸を躍らせながら、楽しみに待っていてください!

    撮影:上原タカシ

関連コンテンツ

観劇はじめてガイド

はじめての観劇ガイド

はじめに Introduction

劇団四季|ディズニー提携第5弾作品ミュージカル『アラジン』

登場人物 character

登場人物