『アナと雪の女王』をご覧になった方々の声

熱唱 迫力イリュージョン 森重達裕氏(読売新聞文化部)読売新聞(夕刊)2021年6月29日掲載

劇団四季が威信をかけて臨むディズニーミュージカル最新作。コロナ禍で開幕が約1年遅れ、24日にロングラン公演の初日を迎えた。現在は最前列を除きチケットは販売されており、年内はほぼ完売状態という。

雪や氷を操る魔力を持った王女エルサ(岡本瑞恵・三井莉穂ら複数キャスト)と、その妹で活発なアナ(三平果歩=写真左=・町島智子ら同)の絆を描いたファンタジー。少女時代にエルサはあやまって妹に魔法をかけてしまい、自らの力に思い悩む。時は流れてエルサは女王となり、アナは姉の戴冠式に訪れた他国の王子ハンス(杉浦洸=同右=・塚田拓也ら同)と恋に落ちる。結婚の許しを得ようとしたアナに強く反対したエルサは、その弾みで氷の魔法を大勢の前で放ってしまう。

舞台化に際し、大ヒットしたアニメ映画から設定が変わった点も多く、見比べるのも楽しい。ミュージカルらしくダンスシーンが盛りだくさんで、1幕でアナとハンスが踊る場面は互いを完全に信頼していないとできないであろうアクロバチックな振りが付いていた。

きらめく氷や雪を表現した美術、プロジェクションマッピング映像、照明の動きが寸分の狂いもなく俳優の歌や芝居に同期する。極めつきは1幕最後にエルサが感情を解き放って熱唱する「ありのままで」。思わず体がのけぞるほど迫力あるイリュージョンの連続に、客席から感嘆の声が漏れた。

アンサンブルによる一糸乱れぬラインダンスなど緊張感をほぐす軽快な場面もあり、2時間余りがあっという間に過ぎる。ストーリー、スピード、スペクタクルの「3S」がそろった舞台には歌舞伎の「引き抜き」のように衣装が一瞬で変わったり、雪だるま・オラフのパペットを俳優が文楽人形遣いのように巧みに操ったりと、日本の伝統芸能を想起させる技も見られた。

stagePhoto01

映画の訳詞も手がけた高橋知伽江による違和感のない日本語台本・訳詞を、母音の響きを意識した四季の俳優たちが自然かつ明瞭に発声。セリフも歌詞もよく耳に届いた。思えば四季の創立者、浅利慶太は日本人が西洋のミュージカルに挑む時に生じる壁や矛盾と向き合い、「東西文化の融合地点」を模索してきた。70年近い劇団史。今作はその到達点になりそうな予感がする。

ヒロインの心 新曲で奥深く 萩尾瞳氏(映画演劇評論家)朝日新聞(夕刊)2021年7月1日掲載

世界中でヒットした同名アニメーション映画が原作のブロードウェー・ミュージカルだ。コロナ禍で予定より9カ月遅れての開幕だが、待った甲斐はあると言えそう。

全てを凍らせる魔力を持つエルサと妹のアナの物語は、もう説明するまでもないだろう。思いやりと勇気で苦境に立ち向かう姉妹の物語はまた、“白馬のプリンス”など必要としない自立したプリンセス・ストーリーとして女性たちの共感を呼んだ。

そのヒロイン像は、舞台版では新たな数曲を得て、より鮮やかに奥深くなった。たとえば、エルサの葛藤を歌う「モンスター」。原作では描ききれてない彼女の疎外感と心の痛みがにじみ出す曲だ。誰しもどこかしら抱える弱さや痛みを、人との絆や愛が溶かしていく。そんなシンプルな人生肯定観に貫かれた舞台が、幸福感を醸し出す。

圧巻の見せ場は、もちろんあの歌「ありのままで」のシーン。エルサ役・岡本瑞恵の自在な歌の力が、まずある。さらに、LEDパネルの背景やクリスタルの釣り幕、衣装の引き抜きなどを駆使、一瞬にして氷の王国が出現する舞台マジックに、胸が躍る。

アナ役・三平果歩が表情豊かな歌と演技にアクロバティックなダンスまでこなし、目を奪う。パペットと一体化して雪だるまのオラフを演じる小林英恵がキュート。他の出演者たちの演技も総じて濃やかだ。待機期間中に練り上げてきたのだろうか。凍った時間がようやく動き出したような、嬉しさを覚える開幕だ。M・グランデージ演出、R・アシュフォード振付、K・A=ロペス&R・ロペス作曲・作詞。キャスト交替あり。

stagePhoto02

※朝日新聞社に無断で転載することを禁じます
承諾番号:21-2888

柔らかな日本語に味わい 内田洋一氏(日本経済新聞編集委員)日本経済新聞(夕刊)2021年7月16日掲載

姉妹の心情 より深め 濱田元子氏(毎日新聞論説委員兼学芸部編集委員)毎日新聞(夕刊)2021年7月26日掲載

魔法の力を持って生まれたために心を閉ざしてしまったエルサと、姉の心をとかそうとするアナ。真実の愛を探す姉妹の物語が、「ありのままで」など極上の楽曲と共に紡がれる。大ヒットしたディズニーの長編アニメーションの舞台化だ。米ブロードウェーで2018年初演。北欧を思わせるアレンデール王国の王女エルサ(岡本瑞恵/三井莉穂)は、魔法で誤ってアナ(三平果歩/町島智子)を傷つけたため、自室に閉じこもり感情を封じ込める。事故の記憶を消されアナは、姉と遊べない寂しさを募らせる。

映画脚本も手がけた台本のジェニファー・リーは、幼少からの姉妹の絆、すれ違う心情を丁寧に描きドラマ性を深める。ヒロイン2人を軸にした物語はシンプルだが、舞台版に書き下ろされた新曲(クリステン・アンダーソン・ロペス&ロバート・ロペス作曲・作詞)、多彩なシーンが楽しさと厚みを加える。

雪だるまなのに夏に憧れるオラフは、一人遣いのパペットがキュート。2幕の幕開け「ヒュッゲ」が印象的だ。寒い冬もヒュッゲ(人の触れあいから生じる温かく居心地のいい雰囲気)とホットワイン、仲間の存在が大事だと歌い踊る。自身の力に苦悶し、道に迷うエルサの「モンスター」は、現代人の心を打つ力強いナンバーだ。

プロジェクションマッピングやLEDパネルを駆使した、きらめく銀世界の出現に目を奪われる。一方で、吹雪をアンサンブルの身体で表現するなど、アナログな演劇的仕掛けが、想像力を刺激するのは舞台ならではの醍醐味だろう(マイケル・グランデージ演出)。

stagePhoto03

コロナ禍で9カ月遅れの開幕。凍てつき、傷ついた世界を温かく包む。