過去のニュース記事

ミュージカル『美女と野獣』が国内通算5000回を迎えました!

10月4日(土)、ミュージカル『美女と野獣』(新名古屋ミュージカル劇場)が国内通算上演回数5000回を達成し、特別カーテンコールは祝福の嵐に包まれました!
『美女と野獣』がディズニー初のミュージカル作品としてブロードウェイで大成功を収め、日本に上陸したのは1995年11月24日。劇場は東京・赤坂ミュージカル劇場でした。また、翌12月には大阪・MBS劇場でも開幕し、演劇史上初となる「2都市同時ロングラン」が大きな話題を呼ぶと、以来19年間で全国9都市、のべ467万人を動員する大ヒットミュージカルとなりました。
そして、現在上演中の名古屋公演は今年1月12日に開幕。これまで246回の公演で、約22万5000人のお客様にお楽しみいただき、この日ついに『キャッツ』、『ライオンキング』、『オペラ座の怪人』に次いで4作品目となる「通算5000回」を達成したのです。

公演は満員御礼となり、開場前から劇場入口に長い列ができるほど!

141004BB_015.jpg

ロビーには記念のスペシャル展示も施され、華やかな賑わいをみせます。この日のために用意された限定グッズの「ベルペン」と「缶バッジ」も即日完売!お客様の『美女と野獣』への愛を再確認し、劇場は早くも幸福感に満たされていきました。

141004BB_016.jpg

こうして開幕の時を迎えると、皆様の思いに応えて熱演を見せる俳優たち。盛り上がりはショーストップナンバーである「ビー・アワ・ゲスト」で最高潮となり、「本当に舞台が一時中断してしまうのでは?」と思われるほど、手拍子と拍手が鳴り止みません!
さらに特別カーテンコールは、こちらも類を見ない豪華なショーで祝福します。作品の象徴でもある「バラの花」を手にした俳優たちがこれまでの歴史を振り返ると、「ビー・アワ・ゲスト」の特別バージョンとともに「5000」のモニュメントが完成!シャンパンから華麗に花火が上がると、カンパニーを代表してルミエール役の渋谷智也がご挨拶に立ちました。

「こうして5000回という大きな節目を迎えることができたのも、ひとえに『美女と野獣』を愛してくださったお客様のあたたかいご声援の賜物と、心より御礼申し上げます。今後も、この作品の深い感動をお届けできますよう、一回一回の舞台を精一杯務めてまいります!」

そして最後は、「人間に戻りたい」の特別バージョンと劇場に舞うハート型のテープで締めくくられた5000回公演。これほどまでに大きな愛を感動に溢れたひと時を過ごせたのは、『美女と野獣』という素晴らしい作品があってのことでしょう。

これからも千秋楽を迎える2015年2月22日まで、カンパニーは全力で舞台に立ち続けてまいりますので、いっそうのご声援、よろしくお願い申し上げます!

撮影=堀 勝志古

演目情報

美女と野獣

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ