過去のニュース記事

「みんなで歌おう『マンマ・ミーア!』」が開催されました!

12月12日(金)、ミュージカル『マンマ・ミーア!』(四季劇場[秋])にて、「みんなで歌おう『マンマ・ミーア!』」が開催されました!

141212MM_017.JPG

『マンマ・ミーア!』の代名詞であるABBAのヒットソングの中でも、非常に人気の高い「ダンシング・クイーン」。俳優たちから歌唱+ダンスの指導を受けた後、お客様にミュージカルナンバーを披露していただくイベントです。
イベントのスタートを飾ったのは、俳優たちによるデモンストレーション。終演後の興奮冷めやらぬ客席のテンションはさらにヒートアップ!
高橋徹とハンドコ・アクアリオによる司会で、まずは歌の練習へ。歌唱指導を担当する見付祐一と矢野侑子から、発声や発音、アクセント、リズム、テクニックまで、次々と「ダンシング・クイーン」を歌いこなすポイントが伝授されていきます。英詞のパートに入ると、「かっこつけちゃってください!」「思い切って!」と指導も白熱。「『気分最高!人生は最高!』って、普段の生活ではなかなか口に出す機会がないですよね。この歌詞を通じて思いっきり表現していきましょう!」と、このナンバーが持つ前向きなメッセージを会場全体で共有します。

続いてダンス指導を務めるのは深堀拓也と多田毬奈。指先をきっちり揃えて両腕を上に伸ばすお馴染みの振付から、キーボード、タンバリンを奏でる動作といった、「ダンシング・クイーン」ならではの動きをマスターするため、両手のストレッチからスタート。また、時計の「10時10分」の角度に腕を開くのが、「ダンシング・クイーン」の振付の特徴のひとつ。この角度がバシッと決まると、とても美しく舞台に映えるのです。振付のニュアンスを伝えるためのジョークを交えた指導に、会場は爆笑の連続!ダンスはまずは楽しく。その中でイメージを的確に伝えていく俳優ならではのレッスンです。
カーテンコールのラストの掛け声練習では、「全然足りませんね。もっと、もっと!」と、深堀が本番さながらに盛り上げると、お客様の体も心も準備万端に。さあ、いよいよ本番同様の照明と音響での発表です!

イントロから練習の成果を発揮して、見事に揃った歌とダンスを披露する参加者の皆様。すると、サプライズでサム役・阿久津陽一郎、ハリー役・明戸信吾、ビル役・脇坂真人がステージに登場!会場の盛り上がりは最高潮になりました!練習以上のジャンプ、掛け声、アドリブも飛び出し、歌い終わって息を弾ませる皆様の表情には、晴れ晴れとした笑顔が広がっていました。

『マンマ・ミーア!』ではこの冬、24日、25日に「クリスマス特別カーテンコール」、26日には「オフステージトーク」を開催予定です。クリスマス仕様の光り輝くイルミネーションがあしらわれた四季劇場で、この冬は、寒さを吹き飛ばすアツいひと時を『マンマ・ミーア!』でお過ごしください!
>>『マンマ・ミーア!』のイベント情報はこちら

141212MM_001.JPG

演目情報

マンマ・ミーア!

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ