過去のニュース記事

『むかしむかしゾウがきた』全国公演決定!

1月12日に東京・自由劇場で千秋楽を迎え、好評を博した『むかしむかしゾウがきた』。この度、4月25日(土)神奈川県相模原市を皮切りに全国各地を巡演することが決定いたしました。全国公演としては2009年以来、6年ぶりの上演です。

『むかしむかしゾウがきた』は戦国時代の日本が舞台。新聞もテレビもない時代に唐の国からやってきた一頭のゾウ・九郎衛門(くろうえもん)。その時代に生きた人々とゾウとの心のふれあいを描き、「命の大切さ」「無償の愛」「助け合う心」といった、現代社会が失いつつある、"大切なもの"を問いかける作品です。
また、心に染みる歌や、迫力のダンス、当時の芝居小屋を思わせるような純和風の装置や衣裳も魅力のひとつです。命をかけて守りあった、ゾウと人間の心あたたまる物語。どうぞご期待下さい!


<四季の会発売日及び公演地>
2月14日(土)「四季の会」先行予約開始
□4月25日(土)相模原(神奈川) 相模女子大学グリーンホール 大ホール
□5月2日(土)仙台(宮城) 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
□5月4日(月・祝)鴻巣(埼玉) 鴻巣市文化センター(クレアこうのす) 大ホール

※一般発売日、開演時間など公演の詳細、上記公演以降の日程に関しては会報誌「ラ・アルプ」2月号、当ウェブサイトで順次お知らせいたします。
※"こころの劇場"としても全国各地を巡演いたします。

演目情報

むかしむかしゾウがきた

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ