過去のニュース記事

『キャッツ』札幌公演、最終舞台稽古が行われました。

『キャッツ』最終舞台稽古が、1月16日(金)に北海道四季劇場で行われました。
150117cats_008.jpg
17年ぶりの札幌公演に向けて、演出スーパーバイザー・加藤敬二のもと、横浜・あざみ野で稽古を積んできたカンパニー。12日(月・祝)からは札幌の北海道四季劇場に場所を移し、余念の無い稽古が重ねられてきました。そして昨日、開幕を18日(日)に控え本番同様に行われた最終舞台稽古。地元のメディアも多数駆けつけ、その期待の高さが伺えます。

 舞台は都会のゴミ捨て場。青白く輝く満月の夜に24匹の個性溢れる猫たちが集い、年に一度の舞踏会が始まります。今回の札幌公演では、客席数を1983年『キャッツ』日本初演以降の最少にまで減らして舞台機構を設置。"『キャッツ』上演史上最も濃密な空間"で縦横無尽に駆け回る猫たちの躍動、息づかいをより近くに感じることができます。
150117cats_009.jpg
 忘れてはいけないのが"ご当地ゴミ"の数々。「ジンギスカン鍋」や「木彫りの熊」等北海道に縁のある"ゴミ"のオブジェが客席内のそこかしこに隠れています。その他にも、あの銘菓や、あの球団にまつわる"ご当地ゴミ"も――。そしてなんと今回は本編中に"ご当地ゴミ"が登場する演出も?! ぜひ、劇場に見つけにいらしてください。 

 さらなる進化を遂げた『キャッツ』。札幌公演開幕はもう間もなく!どうぞお見逃しなく!

撮影:下坂敦俊

演目情報

キャッツ

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ