最北端の公演地へ――『ガンバの大冒険』利尻公演レポート(後編)

8月下旬から、ツアー最北端の公演地・北海道利尻島を訪れているミュージカル『ガンバの大冒険』カンパニー。
『ガンバの大冒険』利尻公演レポート(前編)はこちら>>
8月30日(水)、31日(木)には、島内の子どもたち460名と、利尻島から北西に19キロメートル離れた島・礼文島の子どもたち258名を招待する「こころの劇場」公演(※)が行われました。

公演初日、開演前に行われたミーティングで公演委員長の三宅克典は、地元の方からいただいた言葉を紹介しました。
「『島の子どもたちは、海がある環境は当たり前になっています。『ガンバの大冒険』の物語を通じて、海の素晴らしさを再認識してもらえたら』と仰っていました。僕たちも美しい利尻島の海や山々を目に焼き付けて、舞台上から子どもたちに感動を届けましょう」。

開場を迎えると、客席は公演を楽しみに待ってくれていた子どもたちのにぎやかな声が響きます。
しかし、開演前のアナウンスが流れた途端、舞台に集中。ガンバたちの冒険を、まるで一緒に旅をしているかのように真剣な眼差しで見つめていました。

2日目は、礼文島の子どもたちがフェリーに乗って利尻島へ。その途中では、「今日は劇団四季を見に行くんだ!」と、乗り合わせた乗客の方に嬉しそうに話していたそう。
終演後、俳優たちがロビーでお見送りをしていると、子どもたちは「素敵でした!」と声をかけてくれたり、両手でハイタッチをしたりと、キラキラした笑顔で劇場を後にしました。

島の方々の温かさや、子どもたちの素直な心に触れた2日間の公演を終え、カンパニーは次なる公演地・旭川(「こころの劇場」公演)へと出発。来年3月まで、全国各地で続く『ガンバの大冒険』全国公演。ぜひ、お近くの劇場に足をお運びください!

>>『ガンバの大冒険』全国公演スケジュール&チケットはこちら

※「こころの劇場」とは
演劇の感動を通じて、「生命の大切さ」「人を思いやる心」「信じあう喜び」など、人が生きていく上で大切なことを、舞台を通じて語りかけたいという祈りのもと、全国の小学生を無料で劇場に招待するプロジェクト。

  • イメージ
    8月29日(火)、大型トラックからの搬入の様子。町役場の皆さんにご協力いただきました。
  • イメージ
    俳優たちは自分たちで衣裳を洗濯。洗濯機もツアー公演の道具の一つとして運んでいます。
  • イメージ
    リハーサル前、入念にウォーミングアップ。
  • イメージ
    舞台上でのリハーサル。ツアー公演では毎回会場が変わるため、立ち位置や導線などの確認が欠かせません。
  • イメージ
    会場近くの沓形港に沈んで行く夕日。ガンバが初めて海を見た時の気持ちが分かるような、美しい景色です。
  • イメージ
    8月30日(水)、開演前に必ず行う俳優ミーティングの様子。音楽担当やダンスキャプテンからの公演に関する連絡のほか、ツアー公演では移動・宿泊担当からの移動手段・スケジュール等に関する連絡なども。大切な情報共有の場です。
  • イメージ
    子どもたちが続々と会館にやってきました。
  • イメージ
    開演前、友だちと話しながら冒険物語の始まりを待つ子どもたち。
  • イメージ
    8月31日(木)、フェリーに乗ってやってきた礼文島の子どもたち。昨年はフェリーの欠航により観劇が叶いませんでしたが、今年は無事に観劇することが出来ました。
  • イメージ
    港からすぐ近くの会場までは徒歩で移動。中にはスキップをしながら向かう子も。
  • イメージ
    カーテンコールの様子。
  • イメージ
    終演後、俳優たちがロビーで子どもたちをお見送り。
  • イメージ
    子どもたちは少し緊張しながらも、俳優たちとのつかの間の交流を楽しんでくれたよう。
  • イメージ
    終演後、すぐに舞台の撤去作業が行われました。町役場の方にもご協力いただき、スタッフ・俳優が一丸となって手際よく片づけていきます。
  • イメージ
    出発の日、お見送りに来てくださった利尻町役場の皆様と。
  • イメージ
    カンパニーはフェリーに乗り、利尻島・鴛泊港から稚内港へ出発!
  • イメージ
    フェリーを降りると、バスに乗って次なる公演地へと向かいました。冒険の旅はまだまだ続きます!

演目情報

ガンバの大冒険

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ