『ソング&ダンス 65』全国公演が開幕しました!

選りすぐりの名曲にのせて、劇団四季の熱い想いが溢れだす『ソング&ダンス 65』。4月13日(金)、埼玉県・ウェスタ川越にて、全国公演の幕が開きました。

昨年、大盛況のうちに幕を閉じた東京公演からはや5ヵ月。新たなメンバーも加わったカンパニーは、改めて作品と向かい合う日々を重ねてきました。
「劇団四季創立65周年を記念したこの作品には、これまで四季を支えてくださったお客様への感謝の気持ちが込められている」と語るのは、本作の構成・演出・振付を務める加藤敬二。迎えた初日、そのすべてを惜しみなく出していけるようにと、俳優たちは開演直前まで最後の調整に臨んでいました。

幕開け、『ウェストサイド物語』「サムホエア」の美しいソプラノが響くと、その後は息もつかせぬほどのパフォーマンスで客席を魅了。ナンバーごとに熱い拍手が送られます。会場の興奮はいつしか最高潮に達し、カーテンコールは深い感動に包まれました。

『ソング&ダンス 65』はこれから約8ヵ月にわたり、皆様の街へとまわります。四季の足跡と未来を描いた熱狂のステージを、どうぞお見逃しなく。

>>『ソング&ダンス 65』作品紹介はこちら
>>『ソング&ダンス 65』全国公演チケット&スケジュールはこちら
>>『ソング&ダンス 65』大阪公演チケット&スケジュールはこちら

※舞台写真は最終通し稽古より
(撮影:荒井 健、劇団四季)

  • イメージ
    初日カーテンコールの様子
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
    物販では全国公演から登場した新グッズも。観劇の記念にぜひどうぞ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

演目情報

ソング&ダンス

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ