『ライオンキング』札幌公演が千秋楽を迎えました!

5月27日(日)、『ライオンキング』札幌公演が千秋楽を迎えました。

当日実施された特別カーテンコールでは、動物たちが「サークル・オブ・ライフ」をフレーズごとに歌いつなぎ、最後は全員で披露。客席からは自然と手拍子が沸き起こりました。

また、カンパニーを代表し、札幌出身のスカー役・岩城雄太がご挨拶。「この作品を愛し、育んでくださったすべてのお客様に、出演者、スタッフ一同、心より御礼申し上げます」とお客様に感謝の言葉を述べました。

札幌公演に出演したヤング シンバ、ヤング ナラ11名も登場し、スタンディングオベーションの客席では、熱いサバンナの大草原との別れを惜しみ、涙を流すお客様の姿も。鳴りやまない拍手のなか、1年3ヵ月のロングラン公演に幕を下ろしました。

のべ24万2千人ものお客様にご来場いただいた、『ライオンキング』札幌公演。
続く7月からは、『サウンド・オブ・ミュージック』を4ヵ月の期間限定で上演いたします。
北海道にいよいよ初上陸する不朽の名作に、どうぞご期待ください!

<『サウンド・オブ・ミュージック』札幌公演>


□公演期間:7月7日(土)~10月28日(日)期間限定公演!
>>作品紹介はコチラ
>>チケット&スケジュールはこちら

  • イメージ
    晴天に恵まれた千秋楽当日
  • イメージ
    劇場の外に設置された撮影スポット
  • イメージ
    千秋楽特別カーテンコールの様子
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
    カンパニーを代表し、スカー役・岩城雄太がご挨拶
  • イメージ
  • イメージ
    札幌公演に出演した11名のヤング シンバ、ヤング ナラも登場。客席はスタンディングオベーションに

演目情報

ライオンキング

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ