『ノートルダムの鐘』横浜公演にて「バックステージツアー」が開催されました

7月5日(木)、ミュージカル『ノートルダムの鐘』を上演中のKAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉にて「バックステージツアー」イベントが開催されました。

舞台美術や製作にまつわる話を紹介しながら、舞台上や舞台裏をまわってセットや小道具、衣裳を間近で見学できる本イベント。『ノートルダムの鐘』では初めての開催とあり、500名以上のお客様が参加されました。

パリ・ノートルダム大聖堂を舞台に、男女4人が綾なす愛を綴る『ノートルダムの鐘』。
舞台セットは、作品の象徴である"鐘"や中央で清らかな光を放つ"ステンドグラス"、白と黒の"床"、左右に佇む"聖人像"など、実在のノートルダム大聖堂のエッセンスが多く取り入れられ、厳かな雰囲気をまといます。
イベントの冒頭、舞台監督は、「シリアス性、ドラマ性を重要視したこの作品の舞台装置は、シンプルであることこそが大きな特徴です」と紹介。
単なる愛憎劇ではなく、人間の"光"と"闇"をも描き出す物語は、シンプルな舞台セットや効果的な演出によって、ドラマそのものにフォーカスを当てているのです。

さっそく順番にお客様を舞台上にご案内すると、皆一様に、天井に吊られた7つの鐘から足元の床まで、くまなく見渡します。また、舞台裏には小道具や衣裳などが展示され、スタッフがていねいに解説。
一方、客席では舞台監督への質問コーナーが実施され、「ヴィクトル・ユゴーの原作を舞台化するにあたり特徴的なことは?」「劇中で鐘を名前で呼んでいますが、どの鐘がどの名前なのか決まっている?」など、時間いっぱいまでたくさんの質問が寄せられました。

『ノートルダムの鐘』横浜公演で行われるイベントは、7月13日(金)に行われる「オフステージイベント」が最終回。空席が残りわずかにつき、お早目のご予約をおすすめいたします。
また、横浜公演は8月28日(火)まで。9月22日(土)からは、名古屋公演(名古屋四季劇場)が開幕します。どうぞお見逃しなく!

>>横浜公演 チケット&スケジュールはこちら
>>名古屋公演 チケット&スケジュールはこちら

<『ノートルダムの鐘』横浜公演 イベント情報>


★オフステージイベント(「四季の会」会員1名様+お連れのお客様(人数制限なし))
・第3回トークテーマ:『ノートルダムの鐘』を彩る音楽について PART2
□対象公演
7月13日(金)13時30分公演 ※所要時間:終演後30分
>>参加方法など詳細はこちら

  • イメージ
    「バックステージツアー」イベントの様子。1階客席がほぼ満席になるほどのお客様が参加されました。舞台中央で解説するのは、舞台監督・真継史香
  • イメージ
    舞台に上がり、舞台セットをくまなく見渡すお客様
  • イメージ
    舞台裏には小道具などを展示
  • イメージ
    各展示コーナーにはスタッフが付き、お客様の質問に応えます
  • イメージ
    舞台袖には劇中、効果的な演出を担う階段も
  • イメージ

演目情報

ノートルダムの鐘

  • 作品紹介はコチラ
  • イベント情報はコチラ
  • 関連ニュースはコチラ
  • チケットのお求めはコチラ