ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『キャッツ』日本上演35周年達成!――11月11日は"キャッツの日"

11月11日(日)、キャッツ・シアター(東京・大井町)で上演中のミュージカル『キャッツ』が、日本上演35周年を達成しました。

1983年、東京・西新宿のテント式仮設劇場で産声をあげた『キャッツ』。当時、日本の演劇史上初となるロングラン公演に挑んだこの作品は世間から大きな注目を浴び、誰もが想像し得なかった1年間もの大ロングランを記録しました。以来、各地で上演を重ねるたびに『キャッツ』旋風を巻き起こし、今年8月には約6年ぶりに首都圏公演が開幕。連日熱い盛り上がりをみせています。

35周年当日、劇場内はこの記念すべき日を楽しみに待っていたお客様で賑わいました。感動と熱狂に包まれながら迎えたカーテンコールでは、35周年をお祝いする旗が登場。カンパニーを代表してマンカストラップ役の北村優がお客様に感謝の言葉を述べると、客席はスタンディングオベーションに。その後も拍手は鳴りやまず、カーテンコールは何度も繰り返されました。

この日大きな節目を迎えた『キャッツ』は、来年3月12日(火)に日本公演通算10,000回を達成する予定です。これまでも、そしてこれからも人々を魅了し進化し続けてきた本作を、ぜひ、皆様もご体感ください。

本日35周年を迎えた『キャッツ』。キャッツ・シアターと劇団四季ウェブショップにて販売中の「35周年記念グッズ」は、光や角度によって7色に輝くオーロラ箔が特徴です

本日35周年を迎えた『キャッツ』。キャッツ・シアターと劇団四季ウェブショップにて販売中の「35周年記念グッズ」は、光や角度によって7色に輝くオーロラ箔が特徴です

11月10日~11日の2日間は、キャッツ・シアター前に特設売店を設置。劇場の外でも「35周年記念グッズ」を販売しました。 ※当初予定していた11月9日につきましては、雨天のため特設売店での販売は中止となりました

11月10日~11日の2日間は、キャッツ・シアター前に特設売店を設置。劇場の外でも「35周年記念グッズ」を販売しました。 ※当初予定していた11月9日につきましては、雨天のため特設売店での販売は中止となりました

35周年当日のカーテンコールの様子。「CATS 35TH ANNIVERSARY IN JAPAN」とかかれた旗が登場しました

35周年当日のカーテンコールの様子。「CATS 35TH ANNIVERSARY IN JAPAN」とかかれた旗が登場しました

マンカストラップ役の北村 優がカンパニーを代表してご挨拶

マンカストラップ役の北村 優がカンパニーを代表してご挨拶

PAGE TOP