ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

最新作の制作現場から――『パリのアメリカ人』稽古が進んでいます!

2019年1月20日(日)に日本初演を迎える最新ミュージカル『パリのアメリカ人』。今月から海外クリエイティブスタッフが来日し、本格的な稽古が行われています。

「さあ、ついに始まりましたね!」

11月某日の顔合わせ。演出アソシエート・振付アソシエートのドンティー・キーンさんの明るい声が、稽古場に響きました。

「この作品には様々な分野の技術が必要で、一筋縄ではいきません。それだけに、誰も見たことのないもの――素晴らしいガーシュウィンの音楽に、高度なダンス、そして"芸術が困難を乗り越える"という物語の美しさを、日本のお客様にも感じていただけるはず。経験豊富な方々に集まっていただいていますが、全員がひとつになって、取り組んでいきましょう」

ドンティーさんの力強い呼び掛けに、カンパニーも改めて表情を引き締めます。

この日から3つの稽古場に分かれて、音楽、ダンス、芝居をていねいに創り上げることに。

「皆さん一人ひとりとコミュニケーションを取りながら、キャラクターに新しい命を吹き込んでいきたい」と語るドンティーさん。ダンスは振付アシスタントのダスティン・レイトンさん、歌唱は音楽監督のブラッド・ガードナーさんによる指導のもと、俳優たちの挑戦の日々が始まりました。

戦後のパリの街で繰り広げられる、等身大の若者たちの恋と夢。

まだ誰も見たことのない舞台――音楽とダンス、物語が優雅に絡み合う、最高にぜいたくなミュージカルを、どうぞお楽しみに!

開幕に向けた高揚感溢れる稽古の様子を、SNSで配信中!!

『パリのアメリカ人』稽古始めの顔合わせにて

『パリのアメリカ人』稽古始めの顔合わせにて

左より、演出アソシエート・振付アソシエートのドンティー・キーンさん、振付アシスタントのダスティン・レイトンさん、音楽監督のブラッド・ガードナーさん

左より、演出アソシエート・振付アソシエートのドンティー・キーンさん、振付アシスタントのダスティン・レイトンさん、音楽監督のブラッド・ガードナーさん

カンパニーが一堂に会して行われた、読み合わせ稽古

カンパニーが一堂に会して行われた、読み合わせ稽古

音楽稽古の様子

音楽稽古の様子

ダンス稽古の様子

ダンス稽古の様子

1幕のビッグナンバー「I Got Rhythm」の稽古より

1幕のビッグナンバー「I Got Rhythm」の稽古より

1幕のナンバー「I’ve Got Beginner’s Luck」の稽古より

1幕のナンバー「I’ve Got Beginner’s Luck」の稽古より

PAGE TOP