ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『王様の耳はロバの耳』日産労連クリスマスチャリティー公演が千秋楽を迎えました!

12月25日(火)、文京区(東京)にて「第43回『王様の耳はロバの耳』クリスマスチャリティー公演」が千秋楽を迎えました。

「ハンディキャップを持つ子どもたちに夢や希望を届けたい」という思いから日産労連NPOセンター「ゆうらいふ21」の主催のもと、日産労連をはじめ、SUBARU労連、ヤマハ労連の皆様により運営されているこの公演。
11月から始まった今年のクリスマスチャリティー公演は、計22都市、21,000人にご来場いただきました。

開演すると、ナンバーに合わせて自然と手拍子が起こり、目の前で繰り広げられる物語を思い思いに楽しむ姿が。終幕では、「真実を言う勇気」と「素直な心」を持つ大切さがお客様にも伝わったよう。客席から大きな拍手が起こりました。
終演後、出演者がお見送りすると、嬉しそうに感想を伝えたり、固く握手をしたりと、交流を楽しむ姿も。ロビーは笑顔で溢れていました。

また、その後、チャリティー公演の打ち上げパーティーとして、日産労連の皆様との交流会が催されました。俳優からは感謝の気持ちを込めて、『王様の耳はロバの耳』の劇中歌と「きよしこの夜」の歌を披露。日産労連の皆様からは、劇中歌をハンドベルの演奏で披露され、会場中は大合唱となりました。

ご来場いただいた方々の笑顔と、日産労連の皆様の想いを胸に、『王様の耳はロバの耳』の旅は来年3月まで続きます!

クリスマスチャリティー公演千秋楽カーテンコールの様子

クリスマスチャリティー公演千秋楽カーテンコールの様子

この日は四季の研究生42名も運営に参加。「事務局」「場外班」「受付班」「会場班」と班ごとに分かれ、日産労連の皆様とミーティングを行います

この日は四季の研究生42名も運営に参加。「事務局」「場外班」「受付班」「会場班」と班ごとに分かれ、日産労連の皆様とミーティングを行います

ご来場いただくお客様を安全にご案内できるよう、車いす講習会も実施。自ら車いすに乗ってみることで、スピードや話しかけ方など、初めてわかることも

ご来場いただくお客様を安全にご案内できるよう、車いす講習会も実施。自ら車いすに乗ってみることで、スピードや話しかけ方など、初めてわかることも

開場中、笑顔でお客様をお迎え

開場中、笑顔でお客様をお迎え

劇場ロビーにはサンタとトナカイも登場。クリスマスムードが高まります

劇場ロビーにはサンタとトナカイも登場。クリスマスムードが高まります

終演後、出演者によるお見送りの様子

終演後、出演者によるお見送りの様子

打ち上げパーティーにて、劇中歌を披露するカンパニー

打ち上げパーティーにて、劇中歌を披露するカンパニー

日産労連によるハンドベルの演奏の様子。クリスマスにぴったりの温かい音色に、会場は笑顔で溢れました

日産労連によるハンドベルの演奏の様子。クリスマスにぴったりの温かい音色に、会場は笑顔で溢れました

PAGE TOP