ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『オペラ座の怪人』仙台公演が千秋楽を迎えました!

1月14日(月・祝)、ミュージカル『オペラ座の怪人』仙台公演(東京エレクトロンホール宮城)が千秋楽を迎えました。

17年ぶりとなった今回の仙台公演には、約3ヵ月間で11万4千人ものお客様にご来場いただき、劇場は連日賑わいをみせていました。

千秋楽公演のカーテンコールでは、出演者を代表してムッシュー・アンドレ役の青羽剛とムッシュー・フィルマン役の平良交一が感謝を込めてご挨拶。
「いつの日かまたこの仙台の地で、皆様とお会いできることを楽しみにしております」と述べると、客席はスタンディングオベーションとなり、惜しみない拍手が送られました。

このあと仙台では、4月28日(日)・29日(月・祝)に、四季オリジナル新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』を上演いたします。26年ぶりの新作オリジナルミュージカルの上演に、どうぞご期待ください。

『カモメに飛ぶことを教えた猫』仙台公演
会場 仙台銀行ホール イズミティ21(仙台市泉文化創造センター)大ホール
公演日程 4月28日(日)・29日(月・祝)各日13:00開演
発売日程 2月9日(土)「四季の会」会員先行予約開始
2月16日(土)一般発売開始
『オペラ座の怪人』仙台公演千秋楽カーテンコールの様子

『オペラ座の怪人』仙台公演千秋楽カーテンコールの様子

お客様でにぎわうグッズ売店

お客様でにぎわうグッズ売店

ロビーには、お客様への感謝の気持ちを込めた出演者のサイン入り横断幕が

ロビーには、お客様への感謝の気持ちを込めた出演者のサイン入り横断幕が

別れを惜しむように、カーテンコールは何度も繰り返されました

別れを惜しむように、カーテンコールは何度も繰り返されました

お客様の熱い喝采に応える出演者たち

お客様の熱い喝采に応える出演者たち

PAGE TOP